だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おさんぽさんぽ」 みんなの声

おさんぽさんぽ 作・絵:西巻 茅子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2004年04月
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,463
みんなの声 総数 14
「おさんぽさんぽ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • やさしいタッチの絵

    うちの娘は、3月の春生まれで、もうすぐ1歳に
    なります!!
    ちょうどあったかくなったら歩けるようになるので、
    おさんぽに行くのを、とても楽しみにしています♪
    そんな時に出会ったのが、この1冊です♪
    女の子がお散歩をしていると、いろんな動物たちが
    仲間に入ってきて、みんなで楽しくお散歩するんです。
    優しいタッチの絵が、とっても素敵で、幸せな気持ちに
    なれた絵本でした!!
    おすすめですよ♪

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい散歩

    散歩は一人でも楽しいけれど
    二人ならもっと楽しい。
    三人ならもっと楽しい。
    猫も犬もみんな一緒にお散歩です。

    明るい色合いの絵とリズムある絵で
    お散歩の楽しさが伝わってきます。
    最後、ただいまーって家に帰る絵になっているのが
    ほっと安心します。

    掲載日:2011/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい天気

    女の子が動物たちと一緒にお散歩に出掛けるお話です。

    “連れてって”と声をかけた後に、みんなで仲良く歩いて行く姿が可愛らしく描かれているなぁと思いました。
    特に印象的なのが、天気が良い所です。
    まさにお散歩日和といった感じで、春の温かさや優しさがイラストを通して伝わってきました。

    お散歩に出掛ける前に、子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびりさんぽ

    にしまきかやこさんの作品は、可愛い女の子が登場するのが多いように思います。
    そのせいか、娘も感情移入しやすいようです。
    女の子が家を出て散歩して家の帰ってくるまでの物語なのですが、
    途中、犬やネコや馬が現われて散歩がにぎやかです。
    にしまきさんのやわらかいタッチの絵が
    終止のんびりした雰囲気を醸し出していて、
    こんな散歩ができたらいいなぁと思わせる一冊です。

    掲載日:2008/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お散歩したくなっちゃった

    まだ歩く事が出来ない孫ですが、いつも近くの公園まで抱っこしてお散歩です。お散歩は大好きです。あっち、こっちとふんずり返って見てます。この女の子のように、おやつのビスケットを持っていくのが羨ましくなりました。今度真似して柔らかいカステラでも(堅いものがまだ無理なので)持ってお散歩しようと思います。西巻茅子さんのクレヨン画も親しみやすくて、ほんわかします。ビスケットを、動物達に分けてあげるのもいいです。うまさんが、「パカポコ パカポコ こんにちは わたしにも おやつを くださいな」と恥ずかしそうに勇気を出して言うのが気に入りました。女の子、いぬさん、ねこさんのびっくりした絵がおもしろいです。うまさんが、噴水のまわりを回る絵も、読書している人や、犬の散歩をしている人、乳母車でお散歩のおかあさんの絵もとてものどかでゆったりとしてきます。今度は、この絵本のようにベビーカーでお散歩しようと思いました。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • さんぽ

    とても可愛らしくあたたかい絵で、
    文のリズムも良いので娘も気に入っていました。

    我が家はいつも、お散歩に出掛ける時は
    おやつの後なのですが、天気の良い日は
    おやつをもって行って外で食べるのも
    良いなぁと思いました。

    2歳からとありますが、1歳ぐらいからでも
    良いかもしれません。

    掲載日:2008/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆっくり散歩

    • ドーナツさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子10歳、男の子2歳

    とっても優しい感じの絵。なのでゆっくり・ほんわか散歩をした気分になります、
    息子のよく知ってる動物が出てくるのがとってもよかったです。
    最後のさよならをするシーンは歌うように読んだら息子はうれしそうに!
    優しい気持ちになる絵本でとってもよかったです。

    掲載日:2008/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おうまさんの表情が豊か!

    「わたしのワンピース」や「まこちゃんのおたんじょうび」のように、この本の女の子もとてもチャーミングでかわいらしく、お話も歌うようなリズムで、子どもの心をひきつけます。娘は、おうまさんが、「わたしにも おやつを くださいな」と、現れるページが大好き。みんなのびっくり仰天の顔がおもしろいようです。おうまさんの表情もよく観察していて、「おうまさん、びすけっともらって うれしそうだね」、「おうまさんの おくち、ぎゅっとまがってるよ。3にんものせて、おもいのかな?いっしょうけんめい はしってるのかなあ?」と、1ぺーじごとにお話してくれます。この本を読んで、またポニーに乗りに連れて行ってあげよう、と思いました。

    掲載日:2007/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさんぽに行きたくなる一冊

    最近、寒いのか家にいたいのかなかなか散歩に行きたがらない娘。息子は、外に出たくてたまらないのに
    そんな時、この本を読んでから出かけます。
    犬やねこなどが一緒に連れて行ってとおさんぽする人数がどんどん増えていってとっても楽しそうです。
    最後は、馬に乗せてもらうのですが馬はまだ怖いらしく乗りたくないといっています。
    おさんぽがしたくなる一冊なので、散歩きらいの子におすすめです。絵もかわいくてほのぼのしています。

    掲載日:2007/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色使いがかわいい。

    ラフな絵で、なんだか子供のお絵描きっぽいんです。
    使っている色が、ピンク主体のかわいい色ばっかりなのも魅力です。
    犬やねこが二足歩行なのも、馬が偶然通りかかって、ビスケットをねだるのも、それこそ子供がお絵描きしながらでたらめなお話作っちゃったみたいです。うちの子たちがこんな風に、空想上手な子になったらステキです。

    掲載日:2006/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット