ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ヘスターとまじょ」 みんなの声

ヘスターとまじょ 作・絵:バイロン・バートン
訳:かけがわやすこ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年
ISBN:9784338126021
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,611
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ハロウィンにぴったり

    ハロウィンって、わたしの小さな頃にはなじみのない行事でしたが、今ではみんな知ってるもの。パーティーまではしたくとも、カボチャやおばけのお飾りを目にしたりして、ちょっとしたワクワク感もあります。
    今ちょうどそんなハロウィンの時期なので、ぴったりの絵本でした。
    魔女の格好をした、ワニの女の子ヘスター。こわがらせにいったおうちは。。
    怖いお友だち?ともすぐに仲良くなって、怖がらせることも、怖がることもなかったけれど、楽しいハロウィンになりました。
    子どももかわいいような、怖いようなおばけが気に入ったようです。

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大丈夫!?

    ヘスターが本物の魔女やおばけ達の家に行ってしまった時には子供はとっても心配していました。意外や意外、今のお話の魔女たちは怖そうに見えて優しかったです。子供も、「よかった〜」っとホッと一安心していました。最後までハラハラドキドキでした。

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハロウィン

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    ハロウィンのお話。
    仮装したへスターがなんと本物の魔女やおばけたちのパーティに参加してしまいます。…へスターは彼女らが本物だって気づいているのかなー?
    いっしょに空を飛んでくれるような魔女なら、怖くありませんね。子供も空を飛んでみたいようです。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィンに是非!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘が図書館から借りてきた一冊。

    8歳の息子は先にフライングして読んでいたらしく、
    私が娘と読むときに、
    「面白かったから、もう一回読みたい!」と
    参加をしてくれました。

    ハロウィンのお話ですが、
    ハロウィンももうすっかり、日本のおまつりになったものだなぁと
    ひしひしと感じました。

    もし私が子供のころにこの絵本を読んでいても、
    魔女?お菓子?いたずら?
    と、キーワードのつながりを、理解できなかったに違いありません。

    本編は、ワンパクなワニくんが主人公で、
    誰かを脅かそうと張り切っていますが、
    やー、本当に面白い展開で、なかなかワクワクしました。

    そして、ワニくんが出合った人たちがみんな良心的でよかった!
    「また来年ねー!」と別れていくところに、
    なんだかとっても暖かいものを感じました。

    季節に関係なく楽しめる一冊ですが、
    やっぱりハロウィンの季節に読むのが一番オススメです!

    掲載日:2015/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウキウキワクワク感

    絵本全体がハロウィーンカラーで溢れていて、ハローウィン気分を盛り上げるのになくてはならないアイテムの一つです。
    「へスター」はワニの女の子。ハローウィンパーティの当日、魔女の仮装して
    ご近所に「Trick or Treat!」とおどかしに行くのですが、実はその家のおばあさんが魔女?!だったんです。家の中はがいこつや謎のスープが。お友達たちも超怪しいです。
    バイロン・バートンのシンプルだけれど表情のあるかわいい挿絵が、ウキウキワクワク感をもり立てます。
    ラストのハローウィンパーティのシーンもとっても楽しそうでした。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜつっこまない!!?

    なんとも「味」のある絵が特徴的なこの本。
    ハロウィンの本が読みたくて手にしました。

    ハロウィンでヘスターが訪れた家は
    なのと魔女の家。
    それとは知らずにたずねたヘスターでしたが
    案内される家の中にはあちらこちらにその片鱗が(@_@)
    読みながら「つっこめよっっ」と関西人の血が騒ぎました^_^;
    これはある種のボケ殺し・・・。
    いやいや、物語のフセンですかね・・。

    掲載日:2012/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィン

    表紙からして、ハロウィンの雰囲気満点ですねー。
    文章が少ないので、小さな子でも読みやすそうだと思いました。
    絵がコミカルで面白いので、お話の楽しさは充分に伝わると思います。
    あとがきで、ハロウィンの起源が書かれていたことが、とても参考になりました。

    掲載日:2012/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個性のあるワニさん♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    ハロウィーンになにか・・・と
    リクエストして届いた絵本には
    「閉架書庫」・・・
    しまってあるんですね
    もったいないなぁ

    マンガのように
    絵を見ているだけでも
    楽しい雰囲気が伝わります

    このイベント自体
    雰囲気は随分浸透してきているようではありますが
    日本人にはまだまだ十分ではないような(^^ゞ
    仮装パーティだけでなく
    なんかワイワイガヤガヤ
    の雰囲気がいいんですよね

    へスターは、本物たちに会っちゃうし
    魔女のほうきが折れちゃったり
    ハプニングもなんのその
    へスターは、柔軟性があって
    いいですよ

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  •  表紙絵のキャラクターに、魔女?ワニ?えっ?と思い開きました。
     
     ワニの女の子ヘスターは、ハロウィーン当日、魔女の仮装をして、知らない所(13番地)の住人を恐がらせてやろうと、家でのパーティの前に町へ出掛けます。

     一軒目はおばあさんの家。
     そこには見事に仮装したお友達がたくさん、とヘスターは思ったようです。が、・・・。

     おばあさんの大好きな部屋・大好きな服・大好きな帽子が出てきて、読者はおばあさんの正体に一つの確信を持つことでしょう。
     とすると、あのお友達は・・・。

     終盤、無邪気なへスターの優しさに気持ちが温かくなりました。

    掲載日:2010/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぼちゃ色な一冊

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    大好きなバイロン・バートンさんの絵本で
    ハロウィーンも近かったので読んでみました。

    いつものとぼけてゆるい味わいのバートンワールド♪
    そして全体にかぼちゃ色。笑

    かわいいオバケたちやいかにもな魔女?のおばあさんの家。
    おどかしてやろう・・と意気込んでいったのに逆にそこは
    ほんとの怪物たち勢ぞろいで。
    でも怖がりもしないヘスターが、また可笑しいです。
    なんでもない顔で一緒に楽しんじゃって、
    今度はおうちで友達とのハロウィーンパーティー。

    ハロウィーンをしたことがない4歳の息子はいまいち
    よく分からなかったかもしれませんが・・。

    陽気なオバケ屋敷をちょこっと覗きにいったような
    そんな楽しい一冊でした。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット