庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

もりのてがみ」 みんなの声

もりのてがみ 作:片山 令子
絵:片山健
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784834022391
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,021
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 春が待ち遠しくなる

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    寒い冬、ひろこさんは森のお友達たちにお手紙を書こうと考えます。
    リス、トカゲ、もみの木など相手はさまざまです。
    手紙はどれも、自然と触れ合って遊ぶことを大切に思うひろこさんの感性がとてもかわいいです。
    手紙は「スミレが咲いたらまた遊びましょう」と結ばれます。

    ここまで書くと、なんとなくクライマックスをも想像できてしまいますが・・
    想像通りだと思っていても、最後のもみの木と動物たちの場面が
    約束が守られていて素敵だなあと思いました。

    思わず春が待ち遠しくなりますね。
    今の季節にぴったりな、自然が好きな子に良い一冊だと思います。

    掲載日:2010/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 春が待ち遠しい

    • ぽー嬢さん
    • 30代
    • せんせい
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子3歳

    寒い冬の日、ひろこさんは森で出会ったお友達の動物にお手紙を書きます。女の子が書くお手紙らしく、とてもカラフルで可愛いお手紙です!
    字を覚えたての5歳児の女の子が、よくお手紙交換しているなと思いながら最近、手紙なんて書いてないな〜と思い、思わず書きたくなってしまいました。
    森の動物達に無事に手紙は届くかな?すみれが咲いたら会えるかな?と心配しながら読み進みました。とても温かく素敵なお話でした。
    春が待ち遠しくなります。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • お手紙届いて良かったね

    ひろこちゃんのお手紙は、森の仲間たちに向けたメッセージですが、宛先がわからないのでモミノキの枝に下げておきました。
    春になったら会いたいと、期待感いっぱいの内容ですが、届いて良かったね。
    とても素直な絵本ですが、大人の感覚ではちょっとひろこちゃんの寂しさも考えてしまいました。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いを届けること

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     やさしいね、ひろこさんは。
    それに絵を描くこと、字を書くことが好きなんですね。
    部屋に飾られたいっぱいの絵、それに絵の道具。
    ひとの手紙を見るのはちょっと気が引けるけれど
    いろんな工夫を凝らして、自分の気持を素直に記して、
    気持よく絵にして…。
    自分の思いを届けることの大切さを、改めてかみしめました。
    自然にふれあうこと、どこで忘れてしまったのでしょう。
    森の仲間たちの、手紙の返し方、素敵でした。
     やさしい気持にしてくれる、いい絵本です。
    片山令子さん、健さんに、感謝。

    掲載日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    もりのみんなにおてがみをかく女の子のお話。
    一通書くたびにもみのきにおてがみをつけていきます。
    なかなかてがみがなくならないので心配でしたが、最後にはしっかりと読まれたようで安心しました。
    もみのきというとクリスマスを連想してしまいましたが、春がもうすぐくるころのお話のようです。

    掲載日:2015/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 指折り数えて春を待つ

    同じ作者コンビの『たのしいふゆごもり』が大好きなので、こちらも読むのが楽しみでした。
    寒い冬の日に、ストーブのそばで手紙を書く女の子ひろこさん。リス、とかげ、ことり、うさぎに、春になってすみれが咲いたら遊ぼうと書いて、森の真ん中に辰大きなモミの木に提げにいきます。
    指折り数えて春を待つ、ひろこさんの気持ちがとても良く伝わりました。春を待つ今の時期にピッタリのおはなしでした。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひろこさんの書く手紙の可愛らしいこと!

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    どれも飾っておきたいほどの可愛らしさです!ひろこさん、随分たくさん手紙を書いたのですね…。笑 春を待ちわびるひろこさんの気持ちがこちらにも伝わってきます。森の仲間たちからのお返事は現物支給。それもまたよし。

    掲載日:2015/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今の時期にぴったり

    6歳4歳の娘たちに読んだのですが、とっても良かったです。娘たちは幼稚園のお友達とお手紙の渡し合いをしてるのですが、この絵本を読んですぐにまたお手紙を書いていました。

    女の子ひろこちゃんがりすやみみずなどにお手紙を書くのですが、その文面がとっても可愛いんです。そして最後は大きな木にも。この季節に読むのがぴったりだと思います。

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスツリーとは違う、もみのき

    ひろこは、森の友達にあてた手紙を、もみの木につるします。
    春が待ち遠しい気持ちが、どの手紙からも伝わってきました。
    クリスマスツリーではないもみの木のお話も、珍しいと思いました。
    手紙がたくさん下がっている木の姿は、やっぱりツリーみたいに見えますね。

    掲載日:2012/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春を待つ

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    春を待つ寒い冬に読みたい本です。
    クリスマスのお話ではないけれど、寒い冬にもみの木におてがみをたくさん吊るすシーンも登場して、それはまるでクリスマスツリーのようなので、クリスマスシーズンに読むことをオススメします。季節の移り変わりを楽しみ、動物や自然の草花を愛するような優しい気持ちになれる一冊です。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット