しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

はしのうえで」 みんなの声

はしのうえで 作:八百板 洋子
絵:山内 ふじ江
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2002年
評価スコア 3.7
評価ランキング 29,969
みんなの声 総数 9
「はしのうえで」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供たちの喧嘩そっくり

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    5歳と3歳の子供達に読みました。
    年少版と書いてありますが、文章がやや長いので、年中さん以上の子供向きだと思います。
    内容は、なんだか子供たちの喧嘩を見ているようです。
    絵本の世界では譲り合いの精神を持った登場人物が多いと思いますが、この絵本には絶対に相手に譲らないヤギとぶたが出てきます。
    結末は見てのお楽しみ。

    掲載日:2011/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 譲り合い

    ブタとヤギぎお互いに道を譲ろうとしないお話です。

    どちらも意地が強く、一歩も譲ろうとしない姿が描かれていて、子ども達に読み聞かせをすると「どいてあげればいいのに・・・」という声がありました。
    この絵本を通して、譲り合いの心が必要な事を知らせてくれると思います。

    一度は子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • レトロな魅力

    とにかく絵がすばらしい。
    動物の表情が実にリアルでコミカルなんです。
    最近は、マンガのようなタッチの絵本が多いのですが、
    これは、まるで私(40代後半)が子供の頃読んだ絵本のように古めかしく、斬新で大胆、かつ繊細。
    もう、ずっとずっと眺めていたくなるような、味わい深い絵なのです。
    ストーリーも、どこかイソップ物語を思わせるような、古典的な感じ。
    笑えます。
    釣り好きのパパがいたら、ぜひプレゼントしたい1冊です。

    掲載日:2009/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 簡単なことだけど

    頑固なぶたじいさんとやぎじいさんがお互い譲らず橋の上でにらめっこ。
    最後は二人とも釣りを楽しんで帰ってしまうという展開に。
    ちょっと譲るのなんて簡単なのに、何となく負けた気分になるのかな。
    ぶたの子達は我関せずといった感じで遊んでいるのが面白いですが…。
    今日は釣りしてお互い帰ったけど、明日はどうなるのでしょう?
    また同じことになるのかな〜なんて気になりました。

    掲載日:2009/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頑固者

    年を重ねると頑固になっている自分に気づくことがよくあるが、なかなか非を認めない自分がいたりすることが往々にしてあります。やぎじいさんとぶたじいさんに負けない自分がいたりします。仲良くなれるキッカケは、孫の存在であることが多いです。暢気に釣りをして仲良くなれてよかったです。この絵本で、色々考えさせられました。譲り合いの精紳は持ちたいです。素直な気持ちは持ち続けたいと思いました。絵本から教えてもらうことは素直になれるから感謝しています。

    掲載日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 橋の上で出会ったやぎじいさんとぶたじいさんが、お互い道を譲らずに意地の張り合いになります。長い時間、意地になっていたのに、ぶたじいさんのつりざおに大きな魚がかかったことで、お互いに仲直りをして帰っていく、というお話です。
    なんということのないストーリーですが、チビッコの日常ってこんな感じだなあと思いました。意地を張っていたかと思うと、ひょんなことで機嫌が直って、また遊び始めたり…。
    私は読むときにぶたじいさんの「ぶいぶい」というのがおかしくて、いつも笑ってしまいます。
    イラストものどかな山の中の雰囲気で和みますね。

    掲載日:2007/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶたVSやぎ

    豚のおじいさんとやぎのおじいさんの意地の張り合い対決。
    思いっきり意地を張り合ったあと、なんでけんかしてたのかも忘れてい
    っしょに楽しんで、笑顔で分かれる。詰まんない理由のけんかなら、こうやって終わらせるのが一番。娘たちは毎日こういうことしてるような・・。
    娘たちの絵本に対する反応はいまいち。うちの子は教訓めいたテーマは苦手なのかなあ。

    掲載日:2006/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもにこびてないなぁと感じます。

    ぶたじいさんと、やぎじいさんが、お互いに橋を反対側に渡るのを一歩も譲らず、橋の上で1日過ごしてしまうお話です。
    はじめはどうなるのかな?と思いましたが、
    ぶたじいさんの釣竿で魚を一緒に釣り上げたことで、お互い認め合います。

    子どもの反応はというと、じっと聞いています。
    特に笑ったりそっぽ向いたりということもなく、じっと聞いています。
    ただ単にかわいらしい絵だとか、おもしろい文ということではなく、大人でも読みごたえのある絵本だなと思います。

    掲載日:2006/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 譲り合いが大切。

    ぶたとやぎが橋の上と通るのにお互い道を譲ろうとせずに相手によけさせようとします。これは人間世界でも一緒なんだろうなと思いました。ちょっとゆずれば早いのに・・・。

    でもさいごにはめでたしめでたしで終わったのでこれはこれでよかったのかな?と思います。 どんなおはなしかはよんでみてください!!

    掲載日:2005/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット