ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

くさのなかのキップコップ」 みんなの声

くさのなかのキップコップ 文・絵:マレーク・ベロニカ
訳:羽仁 協子
出版社:風濤社
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784892192654
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,483
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 夏の森

    この巻は、キップコップが森の中で遊んでくれる友だちをさがします。
    今回もほのぼのするストーリーです。
    そして、やっぱり絵がかわいい! 華やかな、こいみどり色は、まさに夏の森。キップコップの冒険に、夏の森を楽しめます。
    夏を先取りして、部屋に飾っておきたくなる表紙も素敵です。

    掲載日:2016/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっと落ち着きます

    「ブルンミとアンニパンニ」シリーズで、
    すっかり作者さんのファンになってしまいました!

    この「キップコップ」は、ブルンミ同様、
    どこかレトロなイラストが可愛らしく
    色がきれいで、優しい気持ちになれる絵本です。

    この作者さんの物語は読んだ後、気持ちがほっと落ち着くので、
    おやすみ前のひと時に、ゆっくりと読みたいです。

    小さいお子さんだけではなく、可愛いものが好きな大人の女性にも良いかもしれません。
    雑貨のプレゼントなどに添えたいです。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 顔がチェブラーシカにそっくり!

    顔がチェブラーシカにそっくり!と思って、買ってみました。

    台所に住むとちの実の子供「キップコップ」。いろんな虫たちに出会いながら、てんとうむしと友達になり、森を楽しみます。

    森の生物やなんかも感じながら読めるし、キップコップはかわいいしで、楽しく読めたようです。特にきのこの傘にウケていました。

    ただ、結構長いので読み聞かせする親は大変、、。自分で読めるようになると特に良いかもしれません。

    掲載日:2012/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいんだけどなあ

    ブルンミをかわいいと気に入っている娘ですので、キップコップも
    いいのでは?と思ったのですがこちらは特に胸に響かなかったみたいです。
    くまでなく植物だからかなあ(笑)。どちらも同じようにかわいらしく
    見える大人の私にはよくわかりません(笑)。
    いろいろな生き物と出逢いながら歩いていく様子も「旅」といった趣きで
    素敵なのになあ。
    唯一、娘が気に入ったところは「てんとうむし」のところ。
    てんとうむしが好きなのです♪

    掲載日:2011/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハンガリー版チェブラーシュカ?

    一目見たとき、茶色い色合いから私はチェブラーシュカを連想してしまいました。こちらもなかなかかわいいです。

    キップコップが秋から眠っていた台所の物置で目を覚まし、夏の野原に散歩に出掛ける話です。って、いったいどれだけ冬眠していたのでしょう???

    同じマレーク・ベロニカさんのブルンミのシリーズと異なり、こちらの絵には背景があります。どのページも色鮮やかでわくわくしてきます。息子も絵から色々と楽しそうに発見していました。ページあたりの文章の量や内容は、ブルンミのシリーズより少し大きい子向けで、2歳半の息子には少しばかり早いかなと思っていました。しかし、登場する動物たちがとても身近で、しかもどれもキップコップの前からぱっといなくなるという難しくない展開なので、予想外に楽しめました。たんぽぽの綿毛を吹き飛ばす場面では、絵本にふぅ〜っと息を吹きかけていました。最後のほうのてんとう虫と別れるシーンでは、息子はページをめくった瞬間に、月明かりの中にてんとう虫を見つけていました。

    きのこの傘で雨宿りをするというのはヨーロッパの絵本ではよくある設定ですね。また、咲いているポピーがとても色鮮やかです。そんな場面は大人の私の方が興味深く見ることができました。

    簡単なストーリー絵本が楽しめるようになった後、少し背伸びして試せる絵本かと思います。

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的な虫絵本!

    こちらのシリーズは今まで知りませんでした。
    虫好きな息子にこの絵本もたくさん虫が出て来るんだよと紹介してもらって手にしたのですが・・

    本当に素敵!
    虫好きな息子は虜になってしまいました。

    キップコップという登場人物(人物ではないかな?)
    も独特の可愛さがあります。
    外国らしいキャラクターですね。

    そして次々に出会う虫や生き物達。
    少し文字もページも3歳の息子には多いかな?と思ったのですが虫に次々に出会うという繰り返しのストーリーがわかりやすかったため最後までじっと聞いていました。
    そしてテントウムシを探すシーンは毎度ながら嬉しそうに草むらの中のテントウムシを指差して喜んでいます。

    他のシリーズも是非読んでみたいと思います。

    虫好きで色々な絵本を読んでいましたが、灯台下暗しでした。
    こんなに素敵な虫絵本があったなんて!

    掲載日:2010/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昆虫好きにはたまらない!

    秋からずっと眠っていた西洋とちの実の子、キップコップ。
    夏の野原に、お友達を探しに出かけて行きます。
    そこで出会う昆虫や小動物のかわいいこと!

    次は何と出会うのかな?
    とワクワクしながらページをめくりました。
    身近な、夏の散歩でいつも出会う昆虫達の登場に
    息子は大喜びでした。

    一緒に遊んでくれる友達を見つけますが、
    飛んで行ってしまいます。
    お友達を見つけるためにまた出発。
    さぁ、キップコップはお友達と再会する事が出来るでしょうか?

    1枚の絵の中にかわいらしさがギュッと詰まった本です。

    掲載日:2009/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然がいっぱい!

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    微妙なトーンの色合いで描かれた自然いっぱいのお話は美しく、目にも鮮やかで見ているだけでも楽しい絵本。

    私が昔読んだ「もぐらとズボン」によく似た、昆虫やら植物やらがいっぱい登場します。
    マレークベロニカさんの住むブダペストも自然がいっぱいで美しい街なのでしょうね。

    とちの木の妖精、というキップコップの誕生秘話に触れた物語はあるのかしら?
    まだまだ発展しそうな内容に今後も楽しみです。

    掲載日:2007/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • とちの実。どんぐり?

    キップコップが出会う虫や草花がとてもきれいです。
    ひとつひとつ「あ、これはレンゲソウかな」「これがカミキリムシだよね」とわかりやすく、本物そっくりに描かれています。
    お話とは別に、図鑑のように挿絵を眺めるのも楽しそうです。
    虫が大好きな娘にとって、とても羨ましい世界のお話のようです。
    キップコップ以外の虫達が擬人化されていないところがまた、子供が自分に置き換えやすくていいと思いました。

    掲載日:2007/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がかわいい!!!

    2歳の息子がいるのですが、最初はお猿さんだと思っていたらしく、手にとって「お猿さんの絵本読んで」と言われました。読んでみるとお猿さんではなく木の実が主人公です。この木の実がとってもかわいい!息子だけでなく私も気に入ってしまいました。
    このシリーズでは、夏の気持ちのいい草原でお散歩します。途中お友達になったてんとう虫が飛んでいってしまい、探してさらに歩きます。最後はてんとう虫と一日遊んで、帰って寝床につきます。息子を寝かしつけるときはこの絵本を読んであげるから寝ようと誘い、最後のキップコップが寝ている絵を見て、キップコップもねんねしちゃったねえ、おやすみなさいと言って眠るようにしています。

    掲載日:2007/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット