うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

ろけっとこざる自信を持っておすすめしたい みんなの声

ろけっとこざる 作・絵:H.A.レイ
訳:光吉 夏弥
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\660+税
発行日:1998年3月5日
ISBN:9784001151480
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,540
みんなの声 総数 36
「ろけっとこざる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 最後には許されちゃうジョージ

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。

    おさるのジョージが大好きな娘が図書館から借りてきたのですが、
    縦書きだし、「こざる」とか、「だいなそうる」とか、
    なんだかとっても昭和な感じです。

    とはいえ、そんなことは娘にはどうでもよい!
    ジョージが次から次に引き起こす騒動に息つくヒマもなく、
    最後まで集中してついてきていました。

    もう絶対許されんだろ?!というイタズラを繰り返しても、
    何となく最後には許されてしまうのがジョージ。
    みんながハッピーで終われてスッキリです。
    娘は最後にメダルをもらったジョージを嬉しそうに眺めていました。

    でも、ジョージのいたずらのせいで、周りのオトナはさぞ
    大変だろうなぁーと大人の私は思うのです。

    掲載日:2016/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかる

    じょーじはじぶんにとどいたてがみをよむことはできません。
    だけど、かくことならできる!と、いんくとまんねんひつ、かみをだして、おてがみをかこうとします。失敗に失敗をかさねどんどん大きな騒ぎに!
    結局自分ではどうすることもできなくて、そうこうするうちに最初の失敗を忘れ、別のことに気をとられてしまうのですが。
    ああ、わかるわかる。
    やりたがりの子どもってこういうとこすごくあるある!

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大冒険

    もうすぐ4歳になる息子はこのシリーズにはまっています。
    文章はとても長いのですが
    動きのある絵とリズムのある言葉で
    最後まできいてくれます。
    いつもじょーじの面白い大冒険にハラハラドキドキ。
    子どものようだけど、おさる。
    飛んだりはねたり、、
    今回は博士の依頼で宇宙へ飛んでいきました!
    誇らしげなメダルをもらった顔がかわいい。

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 土曜日の朝、教育テレビでやっている
    おさるのジョージが大好きな長女。
    でも、最近、プール教室に通い始めたので
    ちょうど時間的に見られなくなってしまいました。
    そこで、このシリーズを見せたら大喜び。
    黄色い帽子のおじさんやら
    こざるが、生き生きと頭の中で動くようで、
    読み聞かせしていても目がキラキラしていて
    こちらまで楽しくなりました。
    こざるは、ほんとうにはちゃめちゃですが、
    このくらいのはちゃめちゃが子どもには心地よいんだろうなと
    思います。
    ストーリーも、最後、宇宙にいっちゃったりして
    びっくりな展開ですが、これはこれで
    アリなんだな〜と思います。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージらしい!

    憎めない、人間の子供そのもののおさるのジョージの
    好奇心によりひきおこすたくさんのいたずら。
    本人はいたずらとも何とも思ってないところが子どもと
    同じだなあとかわいく思います。
    うんとしぼられるべきところですが、そこはジョージ、
    お役にたって得意満面!いいですね!

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひっちゃかめっちゃかなじょーじ

    娘も、夫も私も、ひとまねこざるのじょーじが大好きです。
    なかでも、夫はこの『ろけっとこざる』が一番好きだそうで
    バイブルだったそうです。
    読んでみて納得。
    とにかく好奇心いっぱいで落ち着きがなくてひっちゃかめっちゃか。
    後期のひとまねこざるシリーズはちょっと落ち着いちゃった感が
    ありますが、初期のころのものは、「あやうくおだぶつになる」
    ところだったり、この絵本のようにお部屋が水びたしだったりで
    落ち着きな子ども(と大人。笑)の共感を呼ぶのだろうなあと
    思います。
    もちろん娘も好奇心いっぱい、落ち着きないタイプですので
    大喜びです。
    私がうれしかったのはブロッター(万年筆などの吸取スタンプ)を
    使っていたら、娘が「じょーじのとこに出てた!」と。
    しっかりみて覚えているのだなあ。ちなみに夫も「こんなの
    じょーじのとこでしか見たことないよ」と申しておりました(笑)。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロケットに乗ったジョージ

    ある日、ジョージに届いた一通の手紙。ここから全てが始まります。
    部屋の中を水浸しにして、農場へ行き、博物館で騒ぎをおこしたところへ、黄色いおじさんが手紙を持って登場。
    なんと、ジョージはロケットに乗ることになっていたのです。

    次の行動が予測できないジョージの姿に、ハラハラドキドキします。
    悪気があってやることではないので、どんな騒ぎをおこしても憎めない存在なんですよね。

    博物館の恐竜のはくせいを倒してしまったジョージですが、ロケットに乗ることで許してもらいます。

    この場面は、古代から未来へ一気にタイムスリップしたようで、おもしろかったです。

    掲載日:2011/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョージの行動に共感!!

    「知りたがり屋」であることで、いつも失敗をしてしまうじょーじ。
    読み手側は「違うよ!!ダメだよ!!」
    といったじょーじの行動にハラハラドキドキなのですが
    最後はハッピーエンドで終わるので、読んでいて安心感があります。
    周りの人が見守ってくれている感じもいいですね。

    じょーじの行動が子供の行動と重なります。

    子どもたちはこのじょーじの知りたがり屋な性格に
    強く共感しているのだと思います。
    子どもたちはいたずらっ子な主人公が出てくると顔をニヤッとさせます。
    気持ちがわかるのでしょうね。

    長い絵本で場面がよくかわりますが、幼稚園児くらいならついてこれると思います。
    じょーじが主人公だから、この長さにも耐えられるのかもしれません。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり楽しいひとまねこざる!

    いつも、困ったことばかりするけれど、
      にくめない、’ひとまねこざる’なのです。

    いつも、知りたがりやのひとまねこざるのジョージ。

    今回は、ジョージに来た手紙がきっかけでお話が始まります。

    ジョージは、手紙が読めないけれど、字なら書ける!

    と、早速ペンを取り出し、インクつぼを出し・・・

    案の定、床にたくさんのインクをこぼしてしまいます。

    インクと言えば、吸い取り紙。(つけペンの時代ですから)

    でも、全然だめです。ならばと持ってきたのは、洗剤。

    そして、大量の水。当然、部屋中水浸し。

    今度は、それらをかき出すことに、知恵を使うジョージ。


    お話は、目まぐるしい速さで展開していきます。

    そして、どうやって、ロケットに乗ることになるのか。

    長いお話ですが、子どもは、どんどん引き込まれていきます。


    岩波の子どもの本として、出ていますが、

    大型絵本もあり、断然こちらのほうがいいです。

    部屋中、あわだらけになってるところや、小屋から豚たちが飛び出すページなど、

    大きな絵本で見ると迫力が違います。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相変わらずのいたずらっぷり!

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳

    テレビのジョージをみてから子供はすっかりジョージにはまっています。
    見かけもジョウージそっくり♪
    でも、ここまでいたずらっ子ではありません。
    インクの洪水、部屋は泡だらけ。
    豚を逃がし、牛を連れ去り、ポンプを持ち出し、博物館で大騒ぎ。
    挙句の果てにはなぜか、ロケットのパイロットになって大喝采!
    この冒険っぷりには脱帽。スケールが違う!
    やっぱこどもはこれくらいのほうがいいのかしら?
    と苦笑しながらも思ってしまうところもあり、
    黄色い帽子のおじさんのように
    失敗や冒険を寛容にゆるせるママになりたいなぁ・・・
    なんて読むたびに思います。


    でも、やっぱり、家の中が水浸しは許せないかも・・・(苦笑)

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット