くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

おもちぶとん」 みんなの声

おもちぶとん 作・絵:わたなべ ゆういち
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784251039811
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,033
みんなの声 総数 28
「おもちぶとん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • お餅つき 子供の頃の懐かしい思い出です
    お正月を迎えるのに、みんなで お餅つきをして楽しかったこと

    おもちぶとん???

    なんと ぶたの殿様は お餅好きです おおきなお餅は ふとんのように 大きい!

    やわらかくて、 家来たちが「おしょうがつまで たべてはいけませんよ。」と言ったのに・・・・

    みんながいなくなると こっそり食べてしまうのです。
    食いしん坊ですね(分かる気もするけれどね!)
    美味しかったことでしょうね。
    でも 殿様も 約束破ったから 恥ずかしく お餅の中に隠れてしまうの。
    まあ〜
    おもちぶとんとは うまくいったものですね  本当に真っ白の ふかふかのふとんのようですね

    殿様がいないとみんなが探すのですが・・・(恥ずかしくて出てこれませんよね  それにしても ふとんの中の殿様の顔が 幸せそう!)
    笑えます 布袋様のようなおなかですもの

    みんなが お餅を焼いて食べようとするの・・・・(殿様が中にいるのに・・・)

    さあ 殿様はどうなるでしょう? 

    絵本を読んでのお楽しみ!

    おもしろくて笑える絵本ですよ!

    掲載日:2011/01/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 待てない殿様

    お餅つきの楽しさと、つきたてののし餅の暖かさ、殿様の気持ちもわかりますね。
    冷えるまで待てない殿様は、ついつい食べながらお餅のふとんで寝てしまいました。
    ユーモアたっぷりのお話で、子どもたちにうけそうです。
    読み聞かせを楽しみに、餅つき歌のふしを考えています。

    掲載日:2018/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発想が面白い!

    小さなお子さまにお正月シーズンによさそうな絵本です。
    お正月にぶたの殿様とお餅のお話です。
    なかなか面白いですね〜。
    絵本の醍醐味ともいえる内容です。
    それにしてこんなに大きなお餅,さすがお城のお殿様用のお餅ですね(笑)。

    掲載日:2017/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちダイスキ☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、女の子3歳

    おもちが大好きな一家なので
    興味津々で読みました!
    ぶたのお殿様が大きなおもち(小さく切る前だから)に
    隠れて寝たら焼かれちゃうっていうお話。

    わはは〜ってなんも考えず読めちゃうユーモア昔話です。
    おもちに挟まれて寝るなんて
    すごいすごい。
    展開も豪快です。
    愉快でポップな絵と物語に
    お正月を楽しく迎えられそうですよ!

    掲載日:2016/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • お騒がせなブタのお殿様

    表紙の絵を見て
    お日さまが、富士山食べているのかな?
    って、思っちゃった(^^ゞ

    ぶたのお殿様なんです
    その設定からして
    おかしいです

    ぺったん ぺったん ぺったんこ

    のリズムがいいですね
    冷えたら、お殿様が切るようです
    ところが
    家来達がいないことをいいことに
    こらこら、殿様ったら・・・

    大変!
    大丈夫かな?

    なんとも
    くいしんぼうのお殿様!

    「ねこざかな」を
    なつかしく
    思い出しました!

    絵本を閉じたら
    「あっぱれ!」って
    扇子出してますよ

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは愉快!!

    お正月っぽい本を読みたい!!と選びました。

    餅の大好きなとのさまが
    つきたてのお餅を、結果的にお布団のようにしてしまう愉快なお話です。
    効果的な擬音が、笑いを誘います。

    ずっと笑顔の殿様を見ていると
    こちらまで笑顔になってしまう!!
    つきたてのお餅のような、温かな幸せを感じる一冊です。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!

    これは、本当に面白かったです。
    タイトルどうりお餅の布団に寝るのは、お殿様です。
    しかも、お餅をお腹いっぱいに食べるのですから。
    お茶目なお殿様ですね。
    明るく楽しいお正月のお話なので、初笑いの一冊になりますね。

    掲載日:2013/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • もちもちドッカ〜ン☆!

    お殿様は、おもち好き。
    なので、お正月用のおもちは、布団サイズ!!おいしそ〜♪
    「明日まで、食べちゃだめですよ」って言われても、我慢できるハズがない!
    お殿様。おもちぶとんにもぐりこんで、つまみ食いです(笑)

    この大きな大きなおもちと、まったくもって平和な展開がいいです♪
    そして、子ども達が大好きなドッカ〜ン☆なオチ!

    つきたてのおもちぶとんかぁ・・・。
    包まれてみたいなぁ・・・と妄想しつつ、すごくおもちが食べたくなりました!

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちの中から

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子10歳、女の子7歳

    おもちが大好きなお殿様のお話です。
    家来がついた布団のような大きなおもちを前に
    食べたくなったお殿様に、子供たちも大爆笑。
    話の展開にありえない・・といいながらも
    羨ましそうでした。
    我が家は年が明けてから読みましたが、
    お正月のおもちを準備する前に読むと
    おもち作りも楽しくなりそうです。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私が生まれて初めて読んだ絵本が「おもちぶとん」です。


    小学校1年生に読み聞かせをしました。
    ぶたのとのさまに言われて、けらいが歌いながらおもちをつく。楽しく歌って子どもたちも楽しそうに聞いてくれました。

    「おもちをお正月まで食べてはいけない」とけらいに言われた、ぶたのとのさま。でも、我慢できなくて・・・パク!その時、家来たちが とのさまを探し始めます。とっさに2枚のおもちの間に挟まってとの様が隠れます。

     結局けらいたちは、とのさまを見つけることができず、お正月になったので、そのお餅を焼こう!というシーンで、子どもたちが「あっ!」とか「ダメダメ」とか、中には目を両手で覆ってしまう子や、いろんな反応が見られます。(笑)結末も面白いですよ!年末年始のお餅の時期に読んであげると、良いと思います☆話の長さも短めなので、おすすめです!

    読み手も一緒になって楽しめる、楽しい絵本です。

    掲載日:2011/01/16

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



映画『ゆずりは』試写会レポート

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット