なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

エリカ 奇跡のいのち」 みんなの声

エリカ 奇跡のいのち 作:ルース・バンダー・ジー
絵:ロベルト・インノチェンティ
訳:柳田邦男
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年
ISBN:9784062124850
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,471
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 本物の愛とは?と考えさせられる一冊

    生まれたばかりの愛おしい我が子を、走行中の列車から投げ捨てる。
    今の世であれば、まさに虐待でしかありえないような行為が、
    実は死を目前にした極限での、母の愛そのものであるなんて…
    平和な世では信じられない形で我が子への愛を表現せざるを得なかった
    エリカの母の心を思うと、胸がしめつけられる想いでした。


    縁あって柳田邦男氏の講演会を拝聴する機会に恵まれ、
    その場でこの絵本を知りました。
    自分のために購入した初めての絵本となりました。

    親として、胸を張って我が子にすすめられるその日まで大切にしまっておきたい本です。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • 心を揺さぶる作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    百年の家のロベルト・インノチェンティが絵を描いた作品なので読んでみました。
    表紙のおよそ写真としか見えない絵は、彼にしか描けないと思えるもの。
    このモノクロの一見してナチスドイツ軍と分かる絵に、ピンク色が施してあるのは、それが、象徴するものであることが読後に分かりました。
    百年の家とは、また違った意味合いで、心を揺さぶられる作品でした。

    この作品は、実話です。
    著者が、1995年にドイツのローテンブルク市で、出会った女性、それがエリカです。

    そのエリカの語った生い立ちを絵本にしたものなのです。
    ユダヤ人強制収容所行きの列車に、ユダヤ人が乗り込むシーンから始まりますが、エリカは何処にいるのか分かりません。
    その列車は貨車で、兵士の側に乳母車があるので、もうエリカは貨車の中にいるということなのでしょう。

    エリカが確実に描かれてるのが分かるのは、その貨車の天井近くの窓から外に投げ出される瞬間です。
    お母さんが、エリカを走っている貨車から外に放り投げたのです。
    その時、エリカを包んでいた毛布の色がピンク色。

    そのまま、貨車に乗っていれば、死しかない。
    本当に僅かな生き残る可能性を信じて、この行為に託した想いを想像すると、胸をかきむしられそうな気持ちになります。
    母の子を想う気持ちを、極限まで昇華した凄みに圧倒されました。

    『お母さまは、じぶんは「死」にむかいながら、わたしを「生」にむかってなげたのです。』
    と言う一文が、この絵本の全てです。
    戦争の悲惨さ以上に、母の愛、生の意味といった根源の問題について読み手に訴えてくる絵本です。
    著者がエリカと出合ったこと、それこそが奇跡だと言えるのではないでしょうか?
    もっと、多くの人に読んで欲しい一冊です。

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    2
  •  『トミーが三歳になった日』 を何度も読んでいる息子に薦めました。

     強制収容所へ、親に抱かれて入ったトミーと異なり、エリカの親はもう一つの選択をしました。
     
     一人の人物がクローズアップされると、こんなにも戦争や民族迫害が具体的に私たちに迫ってきます。

     漠然と語られ、漠然と受け止め、頭で「反戦・反民族差別」を受け止めていますが、心で受け止め心から叫び出したくなるような作品でした。
     「命」の重さ尊さが、ずっしりと伝わってきます。
     
     エリカの母親の命を懸けた、「命」への希望。
     そして“死を共に”より、可能性の低い“決別の生”に賭けた苦悩・煩悶を思うと、読んでいて悲しみを通り越して苦しくなりました。

     エリカが命を繋げられたことを、母親に伝えるすべはないものか、と読後も涙が止まりませんでした。

     息子は、「本当に奇蹟の命だね。育ててくれた人も命を大切に考える人だったんだね。」と、鼻をかんでいました。

     高学年のお話し会で、是非読みたいと思います。

    掲載日:2010/05/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 他人事ではなく読み語っていきたいお話

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    やらなきゃいけないことを見ない振りして、中2の子どもは黙々と読んでいました。声をかけても返事もしませんでした。
    (感想は聞いてません)

    訳者の柳田さんの本を読んで、ぜひ一度読んでみたいと、探してきました。今は図書館で借りてきたものですが、そのうち自分のコレクションに入れたい作品です。

    イラストが写実的で、表紙の絵なんて、一瞬写真家と思ってしまいました。この絵本を手にする人はもう、どんなお話なのかよく知っているで、ストーリーについては書きませんが、絵本の中で、「エリカ」の大人の姿(赤ちゃんの時の想像の姿は描かれていますが)は、一度も正面から描かれていません。
    私は「エリカ」があえて描かれていないところが、なんというか、すごくきました。
    これは実際にあった話らしいのですが、「エリカ」みたいな子どもは、たぶん、あらゆる戦火の中で、たくさんいたはずです。今はあえてニュースなどでは聞きませんが、日本人だって、大戦中大戦後と、中国大陸の方々が、当時敵国だった日本人の子どもを幾人も救って育ててくれていたんですよね。

    こういう話はたくさんの子どもたちに語っていきたいです。
    少々難しいところもあるし、戦争という子を理解できる年頃というのを考えると、読み語りは高学年くらいからがいいかと思います。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 伝えたい戦争の事実

    柳田邦夫さんが、翻訳したということだけでとても意味のある絵本でした。
    収容所に強制移動される列車の絵の隅に描かれたベビーカー。連行される人たちの、顔の下でカットされたモノクロームの絵にユダヤ人の印にだけかすかに色がついている。列車から放り投げられた赤ちゃんのエリカの毛布だけがピンク。現在を語る絵はカラー彩色。
    絵だけでも、カメラで切り取った現実のワンカットのように饒舌に、戦争の悲惨さと理不尽さをするどく読者に訴えています。
    そして文章。タイトルページ裏から、「出あい---著者のことば」として、始まる語りは柳田邦夫の多くの著作のように事実を見つめる眼を感じますし、とても重みがあります。
    文章だけでも、戦争の悲惨さと理不尽さを語り続け、読者にのしかかってきます。
    ただ、長文であるだけに読み聞かせは難しかった。
    息子は、苦労する私の語りより、絵をじっと見つめていたように思います。
    読み終わってから、自分で読んでみたいと本を受け取った息子。難しい顔をして読み終わってからしばらく間をおいて、「哀しい話だね」と一言。
    絵と文章が、何度もつっかえつっかえした私の本読みのまずさをカバーしてくれました。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 今、考えて欲しいいのちのこと

    • アナンシさん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都
    • 女の子20歳、男の子16歳

    終戦記念日も近い今、ちょっと大人に近づいた子どもたちにどうぞ。
    幼い子には、ほんとうの物語だけに、辛すぎるかも。でも、いつか戦争のこと、いのちのことを考えて欲しいと思うとき、良い材料になると思います。
    作者は、ある少女エリカと出会う。自分の親も、誕生日も知らない。しかし、両親に、心から愛された証として今、生きている。彼女は、ユダヤ人。そして、捕虜収容所に送られる列車の窓から、おくるみにくるまれて、外に投げ出された赤ん坊なのだ。赤ん坊を投げ捨てると言う究極の選択。それしか、自分の子どもを守る術がなかった。その赤ん坊は生き延びた。これぞ‘奇跡の命’なのである。
    絵の確かさ、美しさ、抑え目の色彩。すべてがこの物語をしっかりと支えていると思います。

    掲載日:2008/08/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもい

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     この絵本は、この評価の範疇には収まらない。いのちを、それも人のいのちを、一冊の絵本の評価をもってどうはかれと言うのか。
     人間は残酷である。優しい顔を持ちながら、二面性は拭えない。歴史に刻まれた事実である。生きるとは何なのか?しあわせとは何なのか?どれもこれも人間に都合よく解釈するではないか。訳者柳田邦男が問うた内容は、あまりにも重すぎる。
     絵本でなければいけなかった理由は、何だったんだろう。訳者のことばは、彼の勇み足ではなかったのか?後味がよくない。

    掲載日:2013/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生き残る確率

    第2次大戦中のユダヤ人虐殺の悲劇。
    そんな中、走る列車から外へ投げられたため難を逃れた赤ちゃんがいたと言う実話です。
    お話は、成長したその赤ちゃんが自分の物語を著者に話す形で進みます。
    自分たちはこのままでは殺されると察していた母は
    一縷の望みを託して胸に抱いていた赤ん坊を
    走る列車から投げ出します。
    読んでいて、このシーンはたまらない気持ちがしました。
    このまま自分といるより生き残る確率が高いと判断したのでしょうが
    それを実行する勇気がすごい。
    もし私ならできないと思います。

    こんな奇跡のドラマみたいなお話が、淡々と書かれていて、
    それがまた胸を打ちます。

    掲載日:2011/08/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 列車から投げ出された赤ん坊

    エリカというユダヤ人のお話。戦争の時代の話なので、ちょっと悲惨ですが、命を救うためにエリカのお母さんは赤ちゃん時代のエリカを列車から外に投げ飛ばします。無事生き延びたからよかったけど、ちょっと何かにぶつかったらここで死んでます。戦争って本当に悲惨だな、と思う一冊。

    3歳の子供には早かったので反応はいまいちでした。

    掲載日:2011/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホロコースト

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    内容はホロコースト(大量虐殺)で収容所に送られる車中に生後2〜3か月の主人公であるエリカが投げられ、そこで拾われ育てられ、作者である教師に偶然話されたことです
    テーマは非常に重いです
    直接襲撃や虐待を受けた内容はありませんが、エリカが顔もわからない両親の思いや状況を想像することで、次々と語っていく言葉が、心に突き刺さってくるようです
    本能的な母の愛のすごさによって、人類は生きながらえているのだと感じます
    命はすべて「奇跡」の産物だと思います
    それを人間の手で亡きものにする行為を絶対にやめなければ、世の中の悲しむ母はなくならないでしょう・・・

    掲載日:2011/05/16

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / やさいのおなか / へんしんトンネル

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット