貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

どろぼうがっこう だいうんどうかい」 みんなの声

どろぼうがっこう だいうんどうかい 作:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2013年09月17日
ISBN:9784032062601
評価スコア 4.24
評価ランキング 16,371
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大人テイスト

    どろぼうがっこうって、登場人物がみんな大人なのです。
    それだけに、大人テイストを感じました。
    でも、学校での運動会ですから、子どもたちがよく知っている運動会、
    というところが、共感ポイントでしょうか。
    ともあれ、どろぼうがっこうという存在感が、興味ポイントでしょうか。
    刑務所を想像させるような人々ですが、なぜか子どもらしさ全開、というか、
    憎めないキャラクター、というのが絶妙です。
    突っ込みどころもたくさんありますね。
    鬼ごっこに似た「どろけい」遊び、今の子たちには難しいでしょうか。
    しかも逆バージョンですから、なかなか面白い光景ですね。
    あきすおんど、とは面白い発想です。
    お昼の休憩には、ハプニング発生。
    どろぼうがっこうに、泥棒?
    運動会グッズと、運動会スキル発揮ですね。
    その後の展開も、どろぼうがっこうならでは。
    やや古風ですが、やはり魅力的ですね。

    掲載日:2017/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 刑務所から戻ってきた全員

    おいのこもりのミミズクに聞いたお話の続きです。
    どろぼうがっこうのおはなしは、ちょっと古風な感じで
    気になったのでこちらも読んでみました。
    刑務所から戻ってきた泥棒学校の全員のお祝いに運動会が
    行われます。
    応援歌にドル箱リレー、偽札渡しゲーム、逆泥警、空き巣音頭などいろいろ種目も凝っていて笑えました。
    せんせいも生徒もほかの人たちもとても楽しそうでした。

    掲載日:2017/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男臭くていいです

    「どろぼうがっこう」のシリーズの中で一番面白かったです。
    途中歌が3曲ありますが、適当に節をつけて歌いました。何回も読んでいる内に、自分の中でしっかりとした曲が確立できました。
    校歌の部分は母校の校歌の曲で歌ったらピッタリでした。
    応援歌と校歌そしてくまさかせんせいがアレ・カッポレ君に入学を勧める場面は男臭さを前面に出して読んで(歌って)います。
    ♪隙さえあれば 盗み合い〜 ヤア! ヤア! ヤア!

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大盛り上がり

    どろぼうがっこうとはいえ学校だけに、ちゃんと運動会があるんですね!

    開会式では、校長先生のお話に続いて、「応援歌」。
    どろぼうの雰囲気だそうと、頑張って野太い声で歌ってみたら、娘が吹き出しました。

    競技は、運動会の定番のようだけど、ちゃんとどろぼう風味に仕上がってるところが、面白くて!

    最後はもちろん、校歌斉唱。
    娘の学校の校歌のメロディーで歌ってみたら、意外とはまって、大合唱でした!

    掲載日:2016/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • どろぼうがっこうに!

    以前1作目の「どろぼうがっこう」を5歳幼稚園児の娘に読み聞かせたら楽しかったようで,こちらも読みたがり一緒に読んでみました。
    今作は,どろぼうがっこうのだいうんどうかいのお話です。
    競技もちょっと変わっていて,さすがどろぼうがっこうですね。
    そして,どろぼうがっこうにも泥棒が!?
    オチもどろぼうがっこうらしくて面白かったです。
    3作読むと,どろぼうがっこうの味がわかって一層楽しめると思います。

    掲載日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • どろぼうなのに

    このシリーズ親は大好き
    だけど息子は泥棒が怖いみたいで好きじゃないみたい。
    でも気にせず読み聞かせてます。
    だって面白いんです!

    泥棒の学校なのに、地元民に愛されてます。
    どうしてでしょう???
    みんなこの日を楽しみにしていて朝から場所取り。

    そんな運動会も午前の部は無事終了

    お弁当タイムで予想外の事件が!!!

    なんとも泥棒学校に泥棒に入るなんて〜!
    かこさんの発想が素敵な1冊です。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 村の人も一緒になって楽しめる

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    泥棒学校の大運動会、いいですね!泥棒学校初の外国人生徒の入学ですね。おめでとうございます。かこさとし先生は泥棒の運動会もとんぼの運動会も、何でも絵本に出来ちゃうのですね。あとがきにお父さんたちへのエールが書かれていてよかったです。

    掲載日:2014/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 競技

    今日は、孫のひいらぎピックがあり孫の晴れ姿を応援しに行きました。孫は、卵運びをやっていて、バギーに乗っての競技でしたが、見ることが出来て感激しました。昨日まで、目の手術で病院に入院していたのに参加できてよかったです。どろぼうがっこうの運動会は、競技の内容にびっくりしたけれど、面白く読みました。楽しく夢中になれて笑えてストレス解消になってよかったです。

    掲載日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい運動会

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    どろぼうがっこうにもしっかり運動会ってあるんですね。どろぼうは体力が大事(笑)。
    生徒数がけっこういるものでおどろきました。
    そしてやはりどろぼうがっこうならではのルールでふつうの「どろけい」とは役割が逆でどろぼうが警察を捕まえるんですね。納得です。面白い!
    どろぼうがっこうのみんなにいい思い出ができたようで良かったです。

    掲載日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に楽しく参加の運動会

    「どろぼうがっこう」は
    保育園の子どもたちにも
    先生方にも人気でした

    が、私は、「???」で

    かこ氏の作品は、大好きなんです
    でも、「???」があり
    でも、気になる(^^ゞという

    40年振りに新刊とのことで
    発刊前から図書館にリクエストしていましたが
    やっときました!
    約半年掛かってます
    人気なんですね

    絵の輪郭に力がないような
    それとも味なのでしょうか
    くまさか先生も
    なんか、まるくなられたような(^^ゞ

    「どろぼう」という“悪”なんだけど
    まるっきりの悪人ではない
    なんか、ちょっと抜けてて
    競技なんかは一生懸命で
    にくめない存在などろぼう学校の生徒達

    そして、見守り
    応援し、一緒に踊ってる
    おおらかな村人たち
    交流がいいのかも

    グランドに、英字新聞の屋根のシンプルな建物
    競技内容も昭和的(^^ゞ

    深く考えずに
    気楽に
    楽しめればいいのかな

    掲載日:2014/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / うんちしたのはだれよ! / おかあちゃんが つくったる

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット