十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

絵本・ムーミン谷から3 ムーミン谷の大こうずい」 みんなの声

絵本・ムーミン谷から3 ムーミン谷の大こうずい 作・絵:トーベ・ヤンソン
訳:岡村美恵子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:1999年01月
ISBN:9784062685030
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,617
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ムーミン

    とても懐かしいムーミンです。テレビでも放映されて、人気があった絵本はまだまだ健在で、娘に孫にと読み聞かせる私は幸せだと思いました
    孫よりか、私の方が喜んだ絵本で、懐かしさでいっぱいになりました。
    少し影のあるスナフキンには興味がなかった私ですが、今回のスナフキンの活躍で見直すことになりました。ムーミン谷の地図をいつまでも眺めて楽しんでいる私でした。

    掲載日:2010/10/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 皆で戻ろう!!

    このお話は、ムーミン谷に洪水が襲ってきてみんな流されてしまうお話でした。ムーミン谷のみんなは協力して谷まで戻っていきました。その途中、スナフキンはいつも気にかかっていた公園の立札を壊したりしていました。ピンチにな手も気ままなムーミン谷のみんながとってもかわいかったです。

    掲載日:2016/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • スナフキンの大活躍

    図書館から借りてきて、4歳と9歳の娘たちと読みました。

    火山が噴火し、大洪水が起きてしまったムーミン谷。
    水の中に落ちてしまったミイは、
    浮かんでいたムーミンママの裁縫カゴにもぐりこみ、
    スナフキンに助けられます。
    そのスナフキンは、ムーミン谷に向かう前に、
    「公園に大嫌いなものがあるからそれを壊しにいく」と言います。
    スナフキンが大嫌いなものとは・・・?!

    スナフキンが大嫌いなものが、深いなぁと思いました。
    ムーミン谷をみんなが愛していることもひしひしと伝わってくるお話だと思います。
    ムーミンがスナフキンのことを大好きなのもよくわかるお話でした。

    あたりが一面の海になっても水の中からポットとカップを持ってきて、
    朝ごはんを食べるムーミン一家にクスッとしました。

    このシリーズは、ムーミン谷のお話を少しずつ知っていけるので
    親子共々大好きです。
    ムーミン初心者にオススメのシリーズだと思いました。

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ3冊目。はじめに小さなミイがムーミンママの裁縫道具の箱の中に隠れて登場するところから、笑えてしまいかわいいです。

    火山が爆発し、川が氾濫・・・ムーミン谷は大洪水です。ムーミン屋敷は海の中という大変な状況ですが、ムーミンが潜って台所のポットとおコーヒーカップを取ってくる絵がなんともかわいかったです。ムーミンは泳げると知りました。

    水もひいて、ムーミンは大好きなスナフキンにも会えて最後は和んだかんじで終わります。ムーミンシリーズはどの本もかわいらしくて気持ちが安らぎます。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • スナフキン大活躍

    • トケイソウさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    誰もが知ってるムーミンですが、改めて絵本を読んだことはなかったような気がします。
    こどもたちも、ムーミンというキャラクターは見たことがあっても、どんなお話なのかは知らないようだったので、購入してみました。

    ムーミン谷の近くの火山が爆発して、地震が起き、大こうずいが起こります。ムーミン谷は水びたし。
    流されてしまったミイを助けてくれたのは、スナフキンでした。
    スナフキンが「公園にある大嫌いなものをぶっ壊しに行く。」と言って、「わらうべからず」といった「べからず」だらけの立て札をへしおる場面に、なんだか深い意味を感じました。
    この場面だけ、大こうずいの話とは関係がないような気がして、それがまた、とても気になります。
    スナフキンが人気がある理由のような気もしました。
    子どもより、大人のほうがムーミンの世界のとりこになりそうです。

    掲載日:2006/04/20

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねずみくんのチョッキ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット