サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだい サンタクロースの おてつだいの試し読みができます!
文: ロリ・エベルト 写真: ペール・ブライハ−ゲン 訳: なかがわ ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
サンタクロースに会いに行こうと旅に出る、小さな女の子オンヤ。美しい写真でつづる、クリスマスの素敵な出来事を描いた1冊です。

うらしまたろう」 てんぐざるさんの声

うらしまたろう 文:令丈 ヒロ子
絵:たなか鮎子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年05月23日
ISBN:9784061325050
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,653
みんなの声 総数 31
「うらしまたろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • この「うらしまたろう」は夏の巻、5・6歳から

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    講談社の「よみきかせ日本昔話」シリーズで、このシリーズは各季節・核年齢別で出版社からお勧めの1冊という形で出ているようです。

    この「うらしまたろう」は夏の巻、5・6歳から でした。
    もとになっているのは島根県の昔話だそうです。
    太郎が助けたのは乙姫が化けたカメで、竜宮で開けてもらった窓の数は4つ。最後に太郎は年を取って消えてしまうバージョンではなく、
    「おじいさんになって しまったそうな。 これで、おしまい。」としめらています。
    たかな鮎子さんの絵は嫌いではありませんが、
    全体ソフトな感じの絵と色彩で、あまり昔ばなしっぽく感じませんでした。

    出版社が薦めている年頃の子どもたちが一人読みするのには、わかりやすい内容に収まっていると思います。

    掲載日:2017/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「うらしまたろう」のみんなの声を見る

「うらしまたろう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 旅する風
    旅する風
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    そよ風、海風、天空の風、絵本のなかを風がふきぬける…。新宮晋のポップアップ絵本。
  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット