宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

山下 洋輔(やましたようすけ)

山下 洋輔(やましたようすけ)

1942年、東京生まれ。世界的なジャズピアニスト。エッセイや文学など、音楽以外の活動も活発。絵本では他に「もけらもけら」「つきよのおんがくかい」(以上、福音館書店)などがある。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

4件見つかりました

表示

ぼくのいちにちどんなおと?

ぼくのいちにちどんなおと?

文:山下 洋輔  絵:むろまいこ  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2016年06月10日  ISBN:9784834082630
つきよのおんがくかい

つきよのおんがくかい

作:山下 洋輔  絵:柚木 沙弥郎  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1999年02月  ISBN:9784834015935
ドオン!

ドオン!

作:山下 洋輔  絵:長 新太  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,100+税  
発行日:1995年03月  ISBN:9784834012767
  ためしよみ
もけらもけら

もけらもけら

作:山下 洋輔  絵:元永 定正  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1990年11月  ISBN:9784834004021

4件見つかりました

山下 洋輔(やましたようすけ)さんの作品のみんなの声

  • ストーリーは面白い

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    う〜ん、ストーリーは面白いんですけど、 オノマトペが独特で言いにくく、 リズムがつきにくく、 絵も力が抜けてて 正直私好みではなかったです。 でも、こんなふうに月夜をただ眺めるだけでなく・・・続きを読む

  • 音を楽しむ♪

    こうちゃんが、「おはようございまーす」と、目を覚ましてから寝るまでの”一日どんな音?”   顔を洗う音   「ぴちゃら ぱしゃら ぷるぷるぷる ぺしゃら ぱしゃ             ら ぷるぷる・・・続きを読む

  • 抽象的

    タイトルだけは知っていましたが、 これまで食指が動かず、読まずに過ごしてきました。 息子が「読んでみたい」と言うので、読んでみましたが・・・ 絵も抽象的、言葉も抽象的。 いわゆる擬態語とも・・・続きを読む

  • 音の響き

    『かちゃがちゃどんどん』と、姉妹のような絵本ですね。 山下洋輔さんは、ピアニスト。 さすがに、音の響きの感性が、すごいなと思います。 元永さんの、絵も、その、音の響きに呼応していて、楽しい絵本で・・・続きを読む

  • お祭りのようなリズムと迫力が、あるなと思いました。 文の山下洋輔 さんと、絵の長新太さんの、独特な個性が、ぶつかり合ったような絵本だと感じます。 ドオンという音が、耳に残るようで、でも、胸・・・続きを読む


大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット