宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
回転ずっしり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

回転ずっしり

  • 絵本
作: おざわ りゅうたろう
絵: まなか ゆきこ
出版社: 株式会社オザワン

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「回転ずっしり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年12月03日
ISBN: 9784990749804

関連するスペシャルコンテンツ


『回転ずっしり』おざわりゅうたろうさん まなかゆきこさんインタビュー

みどころ

大好きな回転寿司にやってきた、ゆぎちゃん。
「なにがくるのかな〜?」とワクワクしていると、流れてきたのは、なんとシャリに対してネタがかなり大きなエビの握り。ゆぎちゃんがビックリしていると、今度はシャリだけが大きい玉子、海苔でぐるぐる巻きになったいくら軍艦など、ビックリするようなへんてこ寿司が、どんどん流れてくるのです。
次に流れてくる、ビックリ寿司はなにかな?
そして、ゆぎちゃんの好きなネタは、流れてくるのかな?

いまや、身近なファストフードになりつつある回転寿司。
家族で回転寿司に行くことが楽しみな子どもも多いことでしょう。
ゆぎちゃんのように「つぎはなにがくるかな〜」と楽しみにする子ども達の心情をうまく捉え、思いもよらないネタで笑いを誘う、ユーモア絵本です。
ゆぎちゃんのように、親子で「つぎはなにがくるかな〜」と話してみたり、
ビックリネタを教えあってみたり、楽しみ方もいろいろ。
ページをめくるごとに、楽しみが増していく作品です。

(木村春子  絵本ナビ編集部)

ベストレビュー

読み聞かせに最高♪

家族で大笑いしました^^

ページをめくる期待感と驚きの連続。

うちの娘がこんなに面白がってるのはなぜでしょう?

読み聞かせにはこの位、単純なほうがいいかもしれませんね。

読んだ後はびっくりするようなネタを書いてみよう!

ということになり、これまたこの絵本の楽しみ方の1つです。

1冊で2度おいしい絵本でした。
(ブブブさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




こんにちは!世界の児童文学&絵本

回転ずっしり

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.83

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット