新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
なつめやしのおむこさん

なつめやしのおむこさん

  • 絵本
作: 市川 里美
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「なつめやしのおむこさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2016年08月10日
ISBN: 9784776407584

5〜10歳
272×220p 32P


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

「なつめやし」という果物の名を、日本の子どもたちはあまり聞いたことないかもしれません。
表紙には、頭に布をまいた少年。木の上をみあげています。
作者は「旅する作家」、市川里美さん。
旅行で訪れたパリにそのまま移住して以来、海外で絵を描き、世界で出版された絵本は70冊を越えます。
そんな作家さんが「オマーン」というアラビアの国を何度も訪れて作った絵本とは……?

オマーンの山のふもとにすむ少年、マンスールは、いっこうに実をつけない一本のなつめやしの木が気になっていました。
「どうして、あのなつめやしの木に、実がならないの?」
おかあさんに尋ねてみて知ったのは、あの木がメスの木だということ。オスの木が近くになくて花粉が飛んでこないから、あまい実をつけられないのだということでした。
なつめやしのおむこさんを探しにいきたい!と思い立ったマンスールは、オスの木をわけてもらえるよう、コーヒーポットを手みやげに、山をいくつもこえて、別の山のふもとに住む老人の元へ歩いていくことにします。
さあマンスールはおむこさんの木を手に入れられるのでしょうか?
その前に、目的地にはたどりつけるのでしょうか――?

トラブルつづきのマンスールの旅。一緒に歩くロバ、ハムザは、頼りになるような、ならないような……小さな男の子にぴったりの気のおけない相棒です。
日が暮れて野宿をするときも、のどが渇いて水場をさがしにいくときももちろん一緒。

市川里美さんの絵筆によって、土のぬくもりあふれるオマーンの暮らしが描き出されていきます。
とれたてのなつめやしの実って、きっととても甘くておいしいのでしょう。
そしておいしい実がなることは、マンスールの家族だけではなく、村に住む人々にとってよろこばしく、食料としても助かることにちがいありません。

「おいしいなつめやしが食べたい!」という願い。
それはマンスールの冒険の原動力であり、まだ小さな男の子であるマンスールに長旅をさせるお母さんやお父さん、オスの木を持ち帰ることを待つ近所の人たちの素直な気持ちのあらわれなのかも。
古いコーヒーポットが価値を持つことや、家族団らんの風景など、私たちの価値観とはまたちがう風景に出会えるのが本書の魅力でもあります。
読み終えたら「オマーン」という国について調べてみるのもおすすめです。

マンスールとハムザのように、動物と助けあいながら暮らす日々は、動物好きの子どもたちにはあこがれかもしれませんね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

アラビアの山のふもとに少年マンスールは暮らしています。マンスールはやしの木を見上げ、いつもいつになったら実をつけるのだろうと思っていました。おかあさんに聞いてみると、その木はなつめやしのメスの木なので、オスの木がないと実をつけることはできない、と教えてくれました。マンスールは、じゃあ、おむこさんをさがしに行こう、遠くの山まででかけることにしました。
世界中を旅し、その経験をベースに絵本を創作している市川里美さん。この作品は、市川さんが、アラビアのオマーンを何度も訪れて作った絵本です。アラビアという、とおく離れた国々はどんな暮らしをしているのでしょう。中近東というと、紛争が多発し怖い地域と思われがちですが、絵本にでてくるのは、家族を中心に、素朴に、心ゆたかに生きる人たちです。その土地のなかにある自然や暮らしを大切にしながら、子どもらしく家族を助け、わくわくした心を大切に生きている少年マンスール。世界のどこに行っても、平和に、けなげに生きる人々がいることをやさしく伝えてくれる作品です。

ベストレビュー

世話をしただけお礼をしてくれるよ

図書館のおすすめコーナーで見つけました。
なつめやしの木は、オスとメスが揃わないと実をつけないことを知った少年マンスール。
オスの木を求めて、冒険の旅に出かけます。
交換のために持っていったコーヒーポットを湖に落としてしまった時は、ドキッとしましたが、ハッピーエンドでよかった。
「よく世話をするんだよ。木ってものは世話をしただけお礼をしてくれるよ」
というおじいさんのセリフが素敵でした。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子13歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ

市川 里美さんのその他の作品

こうまのマハバット / メリークリスマス-世界の子どものクリスマス- / ぼくの島にようこそ! / マンモスのみずあび / ペンギンのパンゴー / 森からのよびごえ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > なつめやしのおむこさん

 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

なつめやしのおむこさん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット