なつめやしのおむこさん」 みんなの声

なつめやしのおむこさん 作:市川 里美
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2016年08月10日
ISBN:9784776407584
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,970
みんなの声 総数 4
「なつめやしのおむこさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 世話をしただけお礼をしてくれるよ

    図書館のおすすめコーナーで見つけました。
    なつめやしの木は、オスとメスが揃わないと実をつけないことを知った少年マンスール。
    オスの木を求めて、冒険の旅に出かけます。
    交換のために持っていったコーヒーポットを湖に落としてしまった時は、ドキッとしましたが、ハッピーエンドでよかった。
    「よく世話をするんだよ。木ってものは世話をしただけお礼をしてくれるよ」
    というおじいさんのセリフが素敵でした。

    投稿日:2020/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • オマーンの山に暮らす少年マンスールは、なつめやしの木に実が

    ならないのは、オスの木がなければ実をつくることができないと

    知って、遠くに住むおじいさんにオスの木をもらいにお出かけしま

    す。お土産のコーヒーポットを湖に落としてしまいますが、おじいさ

    んは、温情のある人で、オスの木をわけてくれました。

    マンスールが大きくなるころには、メスの木は甘い実をつけるよう

    になってみんなで分け合って食べる姿が素敵だなあと思いました

    素朴な純情な人々の暮らしがイラストからにじみ出てます。

    投稿日:2019/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • マンスールの大冒険

    メスの木だけでは実を結ばないというナツメヤシの木の、相手をもらいに遠い山のふもとまで出かけるマンスールとロバのハムザの大冒険です。
    ハムザに水も食料も食べられてしまったマンスールですが、それでもひるまない姿に逞しさを感じます。
    たどり着いた地で、交換のためにと持って行ったコーヒーポットを湖に落としてしまい、ドキリとしましたが土地の所有者は意外にいい人でしたね。
    オマーンの風土や暮らしを知るばかりではなく、ナツメヤシがどのようにして発展してきたかとてもわかりやすく描かれていました。

    投稿日:2016/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味深い

    オマーンが舞台の絵本ははじめて読みました。シンプルながら、その土地の暮らしに基づいたストーリーが新鮮です。
    そして、なんといっても絵が素敵。人物、衣装、景色などすみずみまで絵をじっくりながめていると、行ったことのない土地なのに、その雰囲気が伝わってきます。
    なじみのないアラビアの生活が興味深く思える絵本でした。

    投稿日:2016/09/28

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ウソばかりつく悪い子の所には、じごくわらしが来るかも!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット