たぬきのひみつ たぬきのひみつ たぬきのひみつの試し読みができます!
作・絵: 加藤 休ミ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
加藤休ミが描くかわいくておいしい?!絵本
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ようかいえんのなつまつり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ようかいえんのなつまつり

  • 絵本
作・絵: 白土 あつこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年06月16日
ISBN: 9784865491098

4、5歳から
25×22p  32頁

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

『ようかいえんにいらっしゃい』『ようかいえんのかいすいよく』につづく第3弾は、夏祭りのお話。
ばけ狸のばけたと、かっぱのきゅうたと、ひとつめこぞうのじろりんが、着物をきて夏祭りに来ています。
お祭りは、ようかいたちで大にぎわい。
そこらじゅうおいしいにおいでいっぱい!

「わあ、なにをかおう。わたあめにしようかな。いかやきもいいな」
ばけたがキョロキョロしているとどこからか声がして……
「ねえねえ、おめんをかいなよ」
「おじさん、このきつねのおめんくださーい」
ばけたの代わりにおめんを注文した、声の主はだれ?

よくわからないうちにばけたは、きつねのおめんを頭につけます。
ところがなんと、おめんから舌がべろ〜んとのびてきて、にゃーこちゃんのわたあめや、おにたくんのいかやかきや、他にもおいしそうなものを友だちの手から勝手に食べちゃったからさあ大変。
友だちと言い争いになりますが、おめんはこぎつねに姿を変えて逃げていってしまいます。
みんなはこぎつねをつかまえようとしますが……?

こぎつねのいたずらを怒る「こんこんさま」登場の場面がなかなか迫力があって見どころです。
最後はばけたがお腹のたいこをたたいて、ようかい音頭の盆踊り。
ようかいでなくてもいっしょに踊りたくなっちゃいます。
それにしても、ようかいえんの子どもたちも先生も、いつも仲良しで楽しそう!
個人的には、「ばけばけやき」をちょっと食べてみたくなりました。

見返しにはようかいえんのなかまたちの紹介がありますよ。
シリーズの他の本もぜひお楽しみくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

妖怪たちの夏祭りが始まりました。ようかいえんの子どもたちは、縁日が楽しみ。化けだぬきのばけたは、きつねのお面を買いました。ところが、お面から舌が伸びてお友達の綿あめをぺろり。焼きとうもろこしをぱくり。子ぎつねがお面に化けていたのです。いたずらがばれると、子ぎつねは神社のほうへ逃げていきました。そこでばけたは、きつねが大好きな稲荷ずしに変身。子ぎつねを誘い出しますが、神社の守り神こんこん様が現れて…‼

ようかいえんのなつまつり

ベストレビュー

このシリーズおススメです!

ばけだぬきのばけたは、「ようかいえん」のみんなとおまつりに出かけます。きつねのお面を買って頭につけたら、他のお友達のわたあめやイカ焼きを、お面が食べてしまいます。今回の作品は頭の良いキツネVSようかいえんの仲間たちのやり取りが面白いです。いつも温かく見守るぬりかべ先生と担任のにょろこ先生もちゃーんと登場してくれるのも嬉しいです。
見返しに登場人物の紹介があるので、このシリーズを初めて読む方でも内容が分かるようになっています。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


白土 あつこさんのその他の作品

ようかいえんのばけくらべ / バブーおうじと7にんのおばけ / ブブのどきどきはいたつや / ようかいえんのかいすいよく / ゆきだるまのくに / くまおさんのカレーライス



>絵本エイド ―こころにひかりを―

ようかいえんのなつまつり

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット