べるがなる べるがなる べるがなるの試し読みができます!
さく・え: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
NHK「おかあさんといっしょ」のエンディングテーマが絵本になりました!
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
わたしたちのたねまき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしたちのたねまき

  • 絵本
作: キャスリン・O・ガルブレイス
絵: ウェンディ・アンダスン・ハルパリン
訳: 梨木 香歩
出版社: のら書店

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年10月
ISBN: 9784905015345

小学3年生以上
29×25p

みどころ

最初に登場するのは、お庭に色々な野菜のたねをまいている親子。
色々な形をしたたねは、やがてカボチャやニンジン、キャベツやマメになります。
そうやって、毎年たねまきを繰り返すのです。

でも、この絵本は言うのです。
私たちは、もっと広くて、大きな庭に、たくさんのたねをまいてきました、と。
どういうことでしょう。

例えば、風。
大きくて強い風が、様々な植物のたねを吹き飛ばし、遠くへ飛ばします。

例えば、太陽。
午後の日の光が、エニシダのさやを温め、乾かし、フライパンの上のポップコーンみたいに、たねが弾け飛びます。

雨も、川も、鳥も。
それぞれの方法でたねを遠くへと運びます。
動物たちは、自分たちが生きていく生活の中で、自らの体や毛皮にくっつけながら、いつのまにかたねたちを違う場所へと運んでいきます。
どんぐりだって…。

知らなかった!こんなにも世界の色々なものが「たねまき」という行動に参加しているなんて。そして、私たち人間だって、知らないうちに。

こうして、地球というひとつの大きな庭がつくられていくのです。なんて美しく、なんて感動的な事実なのでしょう。翻訳をされている梨木香歩さんによるあとがきの言葉も忘れられません。「…一人ぼっちで孤独だな、と感じるときは、自分は本来自分がいる場所から遠く、この辺境に飛ばされてきた種なのだ、と思えば、今生きていることそのものが、重大な任務のように思えます――(あとがきより抜粋)」

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

わたしたちのたねまき

出版社からの紹介

太陽、風、雨、水、動物、そして人間たち……すべてのいのちたちがともに地球という大きな庭にたねをまき、そだてていることを描いた美しい絵本。梨木香歩さんによるあとがきも必読です!

ベストレビュー

自然の偉大さ

植物の種が、どのようにして次の世代を拡げていくのか、関わる自然や生き物たちを、改めて眺めてみると壮大な気持ちになりました。
大自然のたくましさには、教わることばかりですね。
小さな植物の種が、それより大きな自分の可能性を示してくれたように思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウェンディ・アンダスン・ハルパリンさんのその他の作品

白い牛をおいかけて / 三人のキューピッド / 小石通りタイムズ / 青い日記帳 / ルーシーおばさんの台所 / すもも通りの花屋さん

梨木 香歩さんのその他の作品

岸辺のヤービ / 僕は、そして僕たちはどう生きるか / エンジェルエンジェルエンジェル / 家守綺譚 / 蟹塚縁起 / ワニ



しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

わたしたちのたねまき

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット