あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
行事絵本シリーズ最新巻!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
わたしたちのたねまき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしたちのたねまき

  • 絵本
作: キャスリン・O・ガルブレイス
絵: ウェンディ・アンダスン・ハルパリン
訳: 梨木 香歩
出版社: のら書店

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2017年10月
ISBN: 9784905015345

小学3年生以上
29×25p

みどころ

最初に登場するのは、お庭に色々な野菜のたねをまいている親子。
色々な形をしたたねは、やがてカボチャやニンジン、キャベツやマメになります。
そうやって、毎年たねまきを繰り返すのです。

でも、この絵本は言うのです。
私たちは、もっと広くて、大きな庭に、たくさんのたねをまいてきました、と。
どういうことでしょう。

例えば、風。
大きくて強い風が、様々な植物のたねを吹き飛ばし、遠くへ飛ばします。

例えば、太陽。
午後の日の光が、エニシダのさやを温め、乾かし、フライパンの上のポップコーンみたいに、たねが弾け飛びます。

雨も、川も、鳥も。
それぞれの方法でたねを遠くへと運びます。
動物たちは、自分たちが生きていく生活の中で、自らの体や毛皮にくっつけながら、いつのまにかたねたちを違う場所へと運んでいきます。
どんぐりだって…。

知らなかった!こんなにも世界の色々なものが「たねまき」という行動に参加しているなんて。そして、私たち人間だって、知らないうちに。

こうして、地球というひとつの大きな庭がつくられていくのです。なんて美しく、なんて感動的な事実なのでしょう。翻訳をされている梨木香歩さんによるあとがきの言葉も忘れられません。「…一人ぼっちで孤独だな、と感じるときは、自分は本来自分がいる場所から遠く、この辺境に飛ばされてきた種なのだ、と思えば、今生きていることそのものが、重大な任務のように思えます――(あとがきより抜粋)」

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

わたしたちのたねまき

出版社からの紹介

太陽、風、雨、水、動物、そして人間たち……すべてのいのちたちがともに地球という大きな庭にたねをまき、そだてていることを描いた美しい絵本。梨木香歩さんによるあとがきも必読です!

ベストレビュー

たねたちの冒険にはいろんな力が不可欠です。

梨木香歩さんの本を読んでいて、この絵本を知りました。
とても素敵なたねたちの冒険(?)をワンシーンワンシーン、四季折々、いろんな方向から見せてくれる作品です。

絵本の場面の描き方が大きいので、線は細いですが、遠目はきくと思います。
植物たちにとって、自然の力や動物たちの動きはすべてたねの冒険へとつながっていたんですね〜。
邦訳者の梨木さんの後書きも面白かったです。
ぜひ最後まで読んでみてください。
子どもたちにはまだ読み聞かせはしていませんが、そのうち紹介したいなぁと、思いました。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子23歳、女の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウェンディ・アンダスン・ハルパリンさんのその他の作品

白い牛をおいかけて / 三人のキューピッド / 小石通りタイムズ / 青い日記帳 / ルーシーおばさんの台所 / すもも通りの花屋さん

梨木 香歩さんのその他の作品

岸辺のヤービ / 僕は、そして僕たちはどう生きるか / エンジェルエンジェルエンジェル / 家守綺譚 / 蟹塚縁起 / ワニ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

わたしたちのたねまき

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット