うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
北極サーカス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

北極サーカス

  • 絵本
作: 庄野ナホコ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り7

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年01月12日
ISBN: 9784061333468

36P

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「さむい季節にやってくる、
 まっ白いサーカスが。」

北のはずれの、さらに北。
氷の国からくじらに引かれてやってくる。
一年に一度、水平線の向こうから顔を出すのは北極サーカスのテント。

待ちわびていたのは、北の国に暮らす人や動物たち。
ドゥラララララ……
テントに響くドラムの音が呼びかける。
「さあ、はじまるよ! はじまるよ!」

そこに登場するのは、青いライトに照らさせた白い毛皮の団員たち。
ああ……
なんて美しく幻想的なのでしょう。
不思議で、ゆかいで、なぜだか少しかなしくて。

庄野ナホコさんの描く「ゆめのような 白いサーカス」の世界。実在するかしないかは関係なく。それは、一目見た者の心に、あっという間に憧れの気持ちを植えつけてしまうのです。氷に浮かぶテント、月の光に照らされた空中ブランコのシーン、そして絵本のしかけを使って繰り広げられるクライマックスの大技。そこが例え北の果ての知らない国でも。どんなに凍てつくような寒さの季節でも。いつかこの目で見てみたい、と。

子ども達が大人になって、ふと思い出した時。
「この絵本を開けばいつだって白いサーカスに会えるんだ!」
そう気がついてくれるのが楽しみになる一冊です。


(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

北極サーカス

出版社からの紹介

「ようこそ、北極サーカスへ!」
ホッキョクオオカミの団長の口上ではじまったのは、ホッキョクグマの優美なアイスダンスに、ホッキョクウサギの炎の輪くぐり、ホッキョクギツネの空中ブランコ……
氷にのってやってくる、まっしろい動物たちのサーカスは、
不思議でゆかいで、なぜだかすこしかなしくて。
夢みるようなサーカスの、すてきな時間。

ベストレビュー

なぜだか少し悲しくて

なんと、流氷ごとクジラに引かれて移動してやってくるサーカスを描きます。
まさしく北極そのものの世界が幻想的です。
そして始まるサーカスは、実にエンターテイメントそのものの完成度です。
北極の動物たちによる演目は、凛とした清々しさを感じました。
もちろん、クライマックスは、仕掛け仕立てで息を呑む臨場感です。
「なぜだか少し悲しくて」と表現される独特の雰囲気が、
まさに北極の自然を現しているような気がしました。
幼稚園児くらいから、その世界を感じてほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


庄野ナホコさんのその他の作品

ルッキオとフリフリ おやしきへいく / [現代版]絵本 御伽草子 鉢かづき / 二番目の悪者 / ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス / ルッキオとフリフリ おおきなスイカ



『ねこすけくん なんじにねたん?』木田哲生さん、 伊東桃代さん、さいとうしのぶさん インタビュー

北極サーカス

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット