話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぎんいろのねこ

ぎんいろのねこ

  • 絵本
作: あまん きみこ
絵: えがしら みちこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,485

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年09月11日
ISBN: 9784323031460

28ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

あたしが公園から帰ってくると、ママが玄関先で“さかさぼうき”を片手につかんで突っ立ってる。また「どぶしろ」に何かとられたな。

「どぶしろ」はしろねこ。でも白がうす汚れているから、うちではそう呼んでいる。頭が良くて素早いどぶしろに、きょうは“おかしらつき”のたいを持っていかれちゃったんだって。晩ごはんの時間になっても、ママはパパにぶつくさ。

「あっ」

その夜、あたしは、あこちゃんに返してもらった絵本を公園のベンチに忘れてきちゃったことを思い出した。

「ママ、こうえんまで いっしょに いって」

おぼろ月夜が浮かぶ夜空の下、あたしがママと公園のそばまで行った時、「どんぶらこっこ、すっこっこ」優しくしみるような声で絵本を読む声が聞こえてきて……。

ママと「あたし」の目に映ったのは、月の光を浴びて銀色に輝くどぶしろの姿。二人はその瞬間に顔を見合わせ、うなずき合うのです。あまんきみこさんの描き出す、母子で体験するちょっぴり不思議な物語を、えがしらみちこさんの美しくのびやかな絵で味わうこの絵本。この日の出来事を読みながら、また子どもたちが自分なりのストーリーを空想の中で繰り広げていく……そんな様子が目に浮かんできますよね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

月夜に響く 優しい声は だれ?
あまんきみこ と えがしらみちこ が贈る あたたかな愛情の物語

子猫に絵本を読みきかせるドラネコ「どぶしろ」。彼女の汚れた毛は、月の光を浴びて銀色に輝いていた。じんわり心が温まる絵本。

ベストレビュー

ももたろうの絵本

あまんきみこさんとえがしらみちこさんのコラボ。
この組み合わせに拍手!です。
あたしが公園から帰宅すると、ママが浮かない顔。
あたしの予想通り、白猫のどぶしろに尾頭付きの鯛を盗られたとのこと。
ママの様子を冷静に語るあたしの語り口が愉快愉快。
さて、パジャマに着替える段になって、公園に絵本を忘れてきたことに気づき、
ママと一緒に取りに行くのですね。
夜中の公園、そこで二人が見た光景が、まあまあまあ。
白猫が、4匹の子猫にその絵本を読んであげているなんて!
ももたろうの絵本というのも、いい感じです。
まさに、題名の通り、神々しい銀色の猫に見えたというのに納得です。
もちろん、その後の二人の行動にもほっこり。
ラストでは、あたしの観察眼が光ります。
幼稚園児くらいから、あたしの視点に共感どころがいっぱいあるでしょうね。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
    出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました
  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

あまん きみこさんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ちいさなこだまぼっこ / おしゃべりくらげ / あるひ あるとき / スキップスキップ / あまんきみこと教科書作品を語らう

えがしら みちこさんのその他の作品

ちいさい おねえちゃん / わたしは いいこ? / あかちゃんといっしょ / 0さいだもん おはなししましょ 新版 / きつね山の赤い花 / おもわず おもわず



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

ぎんいろのねこ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット