話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
モンスター・ホテルでクリスマス

モンスター・ホテルでクリスマス

  • 児童書
作: 柏葉 幸子
絵: 高畠 純
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1994年12月
ISBN: 9784338072199

小学校低学年から
A5判/63ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

今日は、ぞくぞく月のハックション日。つまり、クリスマスイブのこと! サンタクロースのかわりに、心やさしいモンスターたちがプレゼントをくばります。

ベストレビュー

楽しいモンスターがいっぱい

 古い郵便局と小さな公園のあいだにあるホテル。そこは人間が知らないモンスターだけのホテルです。
 そこに泊まるモンスターたちが繰り広げる,クリスマスイブの出来事が描かれています。

 出てくるモンスターがユニークです(心優しくて,全然怖くありません)。
 人間のお尻に,こっそりしっぽを付ける妖怪「しっぼぼ」。ねこまたの「おたまさん」・・・。
 
 恐がりのくせに,「おばけ」や「モンスター」が好きな息子は,とても面白かったようで,特に3人の「こあくま」がお気に入りでした。

 日常の生活のほんの隣にあるように見える異世界。いつか,自分もそこに行けると思っていても,決してそこには行けない。
 この作品は,そんな魅力的な世界がモンスター・ホテルとして描かれています。

 柏葉さんの名作ファンタジー「霧のむこうのふしぎな町」を久しぶりに読んでみたくなりました。
(ウルトラのぱぱさん 40代・パパ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柏葉 幸子さんのその他の作品

竜が呼んだ娘 魔女の産屋 / 魔女が相棒?(2) オコジョ姫とカエル王子 / ぼくと母さんのキャラバン / ざしきわらし一郎太の修学旅行 / 湖の国 / モンスター・ホテルで オリンピック

高畠 純さんのその他の作品

ドラドラと伝説の竜 / カメくんとイモリくん 小雨ぼっこ / キス・スキ / 日本どっちからよんでも―さんぽっにっぽんさ / 五十音 / ほらふきカールおじさん ロシアのたび


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > モンスター・ホテルでクリスマス

4月の新刊&オススメ絵本情報

モンスター・ホテルでクリスマス

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット