ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おはなしのたからばこワイド愛蔵版(29) 白ぶたピイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(29) 白ぶたピイ

  • 絵本
作: 今江 祥智
絵: 国松 エリカ
出版社: フェリシモ出版

本体価格: ¥1,286 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年04月
ISBN: 9784894325180

248×188mm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】“おはなし”を通して、たからものをたくさんお届けしたい

みどころ

フェリシモ出版の「おはなしのたからばこ」シリーズ29巻は、50年近く前に執筆された今江祥智さんの童話に、「フンガくん」シリーズでおなじみ国松エリカさんが新たに絵を加えた『白ぶたピイ』。

生まれてはじめて歩けるようになったその日、ひとりでのおでかけに子ぶたのピイはおおよろこび!
ところが、でかけた先で出会った子犬にピイは笑われ、ばかにされてしまいます。

「ハダカであるいてらあ」

犬のようにふさふさの毛もなく、すらりとした体でもないことを恥ずかしいと思ったピイ。
美しい姿にあこがれるうち、それでもブタかと長老に叱られたピイは、仲間のもとを去ります。
そんななか、森をゆくピイが出会ったのは、悠々と池を泳ぐコイたちの美しい姿でした。

鮮やかなピンクと、つぶらな目でこちらを見つめるピイとが、明るくキュートな印象の表紙。
しかしうってかわってその物語は、どこかあわれでもの悲しい雰囲気です。

ハッピーエンドにも思えるのに、心からめでたしめでたしとは言えない、なんだか切ない結末。
そんな、物語と画風とのギャップこそがこの作品のみどころ。
決して心地の悪くない違和感が、なんとも不思議な味わいを生んでいます。

自分の生まれた姿を強く恥じるピイが、美しいものへのあこがれによって辿る不思議な運命。
ピイの物語が何を伝え、何を教えているのか、明確に示されてはいません。
「白ぶたピイ」の帯には、この絵本を読んだ子どもの感想が書かれています。
そこにはこうありました。

「ぼくのオススメです。ピイは、すこしかわいそうです」
あなたはどう感じるでしょうか?

(堀井拓馬  小説家)

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(29) 白ぶたピイ

出版社からの紹介

はずかしがりやで、「ハダカであるいてらあ」と子犬にはやされただけで、ひきこもってしまう子ぶたのピイ。
他愛ない言葉に傷ついても、自分のありたい姿を思い描いて行動します。それがたとえ的はずれであったとしても、
そうせざるをえない強い思いがピイにはありました。おっとりとした雰囲気の中に自分の居場所を見つける覚悟というものを
感じさせるお話の深さ。それを明るく生き生きとした風景の中に描き出した画家のはげまし。だれもの心の中にピイはいるのではないかしら。50年近くも前に書かれた物語なのに、現代の子どもたち、大人たちにこそ読んで感じてもらいたい切実が、ここにあります。

ベストレビュー

胸がきゅっとしました

ピイは本当に幸せだったのかしら、と、読み終えてから感じました。
おはなしに意味を見いだそうとするのは野暮だと思いますが、この物語の意味を、どういうことだろうと考えずにはいられません。
ラストの展開には、あっと驚かされました。
(なーお00さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今江 祥智さんのその他の作品

しもやけぐま / あのこ / 子どもの本の海で泳いで / ごきげんなライオン すてきなたからもの / 優しさごっこ / ぼんぼん

国松 エリカさんのその他の作品

おなべさんとおたまちゃん / お正月 / おやつなんだろう? / えっちゃん ええやん / いたずら おおかみくん / ぐずりっこフンガくん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > おはなしのたからばこワイド愛蔵版(29) 白ぶたピイ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(29) 白ぶたピイ

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.6

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット