話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

ポインセチアはまほうの花
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポインセチアはまほうの花

  • 絵本
作: ジョアンヌ・オッペンハイム
絵: ファビアン・ネグリン
訳: 宇野 和美
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年09月
ISBN: 9784895728164

小学校低学年から
31ページ

出版社からの紹介

メキシコのクリスマスといえば、ポサダを祝う子どもたちの歌声、色とりどりのピニャータ、マリアッチのメロディー、それに真っ赤なポインセチア。ポインセチアは真心のしるしなのです。メキシコに伝わるクリスマスの奇跡のお話。

ポインセチアはまほうの花

ベストレビュー

納得

冬になんでポインセチアが売られるんだろうと
昔から気になっていたので、
この本を読んで納得しました。

メキシコの習慣もよくわかり、
多文化学習にもいいですね。

女の子の神様への誠実な心が伝わり、
天使も助けてくれたんでしょうが、
ここまでの信仰心がないので、
尊敬してしまいます。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ファビアン・ネグリンさんのその他の作品

ひみつの足あと

宇野 和美さんのその他の作品

エルビス、こっちにおいで / アルマの名前がながいわけ / 紙芝居 ドラゴンのバラ / くろは おうさま / あしたのための本(1) 民主主義は誰のもの? / あしたのための本(2) 独裁政治とは?


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ポインセチアはまほうの花

ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

ポインセチアはまほうの花

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット