宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ぼくは海になった 東日本大震災で消えた小さな命の物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくは海になった 東日本大震災で消えた小さな命の物語

  • 絵本
作・絵: うさ
出版社: くもん出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年03月11日
ISBN: 9784774322360

238×216mm 40ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

東日本大震災では、多くの方のかけがえのない命と共に、多くの動物たちのかけがえのない命もまた、失われました。亡くなった動物たちの絵を描くことで、少しでも飼い主の心をなぐさめたいと考えた「震災で消えた小さな命展」代表の著者が、犬のチョビと飼い主のたえちゃんの絆を通して、命の大切さや平等さを伝える物語絵本です。

ぼくは海になった 東日本大震災で消えた小さな命の物語

ベストレビュー

小さな命

あの震災で失われた多くの命には
動物たちも含まれていたのだと
再認識させられました。

ゆかり深い人、場所・・そして、かわいがっていた動物たち。

この絵本に出てくる犬、ちょびも
そんなかわいがられていた動物の一匹で
大事に思うお母さんの場所を伝えるという使命を終えて
本当の意味で天に召されていきます。

優しい色合いで語られる絵が
一層の切なさを誘います。
(やこちんさん 40代・ママ 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


うささんのその他の作品

葉っぱのいのち  / 赤い糸



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

ぼくは海になった 東日本大震災で消えた小さな命の物語

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット