新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

たけ もうそうだけの おやこ

たけ もうそうだけの おやこ

  • 絵本
作: 甲斐 信枝
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥990

「たけ もうそうだけの おやこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年01月10日
ISBN: 9784834002843

出版社のおすすめ年齢:4歳〜
ページ数:28ページ
サイズ:26X24cm
初版年月日:1984年02月25日

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

たけのこは、親の竹の地下茎の節から生まれます。春になって地上に出たたけのこは、1日に1メートル以上も伸びます。そして、地面に出てからたった60日ほどという速さで竹になるのです。 竹の家族は地下茎同士で繋がっています。どんどん伸びる地下茎からまた新しいたけのこが生まれるので、年とった竹が死んでも、竹の家族はいつまでも生き続けます。 竹の力強い生態と、竹の家族の壮大な命の物語をいきいきと描きます。

ベストレビュー

すばらしい絵本です

私の実家はとてものどかな田舎で
家の裏には広い竹林が広がっています。
春先には美味しいたけのこをいただき
若竹がすくすく育って行く様子を娘と眺めてきました
竹の皮をかぶったいくつもの竹の子が
2m以上も育っていく様子は本当に壮観ですよ。
そして風にそよぐ竹林の音で癒されたりしています。
私たち親子にとっては竹は本当に身近なものです。
最初の方の竹林なんて娘は「おじいちゃんち?」とか言ってました・(笑)
四季によって見せてくれる竹林の顔はおなじみながらも
土の中ではどんなふうになっているのかはさすがに知らなかった娘は
びっくりしていました。
そして最後のページ。
100年に一度と言われるほど珍しい竹の花。
「見てみたいね」と言いあいました。

甲斐信枝さんの写実的なイラスト。
さまざまみせていただいていますが
どれもステキでため息がでます。
ぜひぜひ読んでみてくださいね。
(さえら♪さん 40代・ママ 女の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,870円
990円
1,100円
990円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,870円
770円
2,200円
3,850円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

たけ もうそうだけの おやこ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら