新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

秋

  • 絵本
著: かこ さとし
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年07月29日
ISBN: 9784065239629

判型:AB ページ数:40ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

続きを読む
秋

秋

ベストレビュー

かこさとしさんの熱い思い

かこさとしさんの没後に発見された作品、構想から68年もの長期間に自身で加筆、改定されつつ、公表されなかったこの作品は、自分の知っている作品とは異質でありながらも、事実を見つめる眼としての根幹を見たような気がしました。
実りの秋という、かこさんの大好きな季節でありながら、つらい思い出も同時に思い起こさせる季節は、戦争の残忍な事実も秘めていたのです。
敵機に撃ち落とされた戦機から脱出した兵隊の、パラシュートが開かずに地上に落下していく様子を見てしまった衝撃が、その当時の記憶をも繋げて忘れることのできない重さになっているのでしょう。
食糧難のこと、自分が盲腸手術で苦しんだこと、担当医に召集令状が来たこと、その医師が戦士したこと等が次々と蘇ってくるのですね。
悲しみ苦しみの、戦争の記憶の連鎖が、心の傷として、癒えることはないのでしょう。
この作品は、コロナ禍という時代背景で世に出されました。
その作品を、ウクライナへのロシア軍の軍事侵攻という、重苦しい世情の中で手にしていることの意味を感じています。
(ヒラP21さん 70代以上・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,815円
1,320円
1,430円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,100円
3,080円
528円
440円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら