新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

ピーターラビットのおはなし

ピーターラビットのおはなし

  • 絵本
作: ビアトリクス・ポター
訳: 川上未映子
出版社: 早川書房

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年03月25日
ISBN: 9784152101013

143mm×110mm 72ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

いたずらっ子のピーターは、おかあさんの言いつけをやぶって、マグレガーおじさんの畑で大冒険。おいしい野菜をたべほうだい。ところが、おじさんに見つかり、さあたいへん! 120年愛される名作を、作家・川上未映子の新訳で贈る。

ベストレビュー

世界でもっとも有名なうさぎの話

 野菜が大好きなうさぎの話をしましょう。
 しかも、このうさぎ、とっても有名なんです。
 このうさぎの絵のついた食器とかマグカップを持っている
 子どもたちもたくさんいるのではないかしら。

 このうさぎの名前は、ピーターラビット。
 イギリスの女性、ビアトリクス・ポターが生み出した
 世界的なスーパースターです。
 イギリスで最初の絵本が出版されたのが1902年、
 日本でも間もなく翻訳されたそうですが、
 なんといっても有名なのは
 石井桃子さんが1971年に翻訳したシリーズです。

 その絵本が2002年に
 最新のデジタル技術で生まれ変わりました。
 新しい版では初版当時収録されなかったものや
 今まで一度も使用されなかった6枚の絵も
 収められています。
 その日本語訳が2022年に刊行された
 川上未映子さん訳の『ピーターラビットのおはなし』。
 早川書房から出ていて、
 てのひらにのるほどの、かわいい絵本に仕上がっています。

 ピーターラビットって
 キャラクターはよく知られていますが、
 どんなお話なのか知らない人も多いと思います。
 野菜大好きでいたずらっこのピーターが
 マグレガーおじさんの畑で繰り広げる大冒険なのです。
 「レタスをなんまいか、それから、さやいんげんを食べ、
 はつかだいこんもなんぼんか。」
 人の畑でそんなに食べては、
 マグレガーおじさんも怒るはず。

 野菜が苦手な子どもたちも
 ピーターラビットみたいにたくさん野菜を
 食べてくださいね。
(夏の雨さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

770円
1,320円
1,430円
3,300円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
550円
440円
550円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

ピーターラビットのおはなし

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら