新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
話題
たべもののまちABCity

たべもののまちABCity(小学館集英社プロダクション)

A〜Zのたべものでできた世界で一番おいしそうな街。おいしくてかわいい、ふしぎな街を一緒に探検しよう!

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
まよなかのゆうえんち
NEXTプラチナブック

2023年2月認定
絵本ナビ NEXTプラチナブック

絵本ナビが特に推薦する作品です。

まよなかのゆうえんち

  • 絵本
作: ギデオン・ステラー
絵: マリアキアラ・ディ・ジョルジョ
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年12月21日
ISBN: 9784776410669

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
206mm×283mm 42ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


心ときめく時間の、その後に。『まよなかのゆうえんち』 【NEXTプラチナブック】

みどころ

いつもはひそやかな森の夜が、はなやかな明かり、にぎやかなざわめき、はなをくすぐるにおいでいっぱい。動物たちがすむ森に移動遊園地がやってきたのです。人間たちが楽しそうに遊んでいます。その様子を遠くからじっと見守っているのは……。

やがて静まりかえった遊園地。文字は一切出てこないこの絵本、光と影を幻想的に描き出す絵に誘導されながら、物語が始まっていきます。

守衛さんがカギを閉めた後、暗やみの中にうっすらと浮かびあがるのは、森の動物たちのシルエット。彼らは、この見知らぬ遊園地を視察にきたのでしょうか。そう思っていると、アライグマが網をかじって入口を作り、慣れた様子で電源を入れ、メリーゴーランドがまわりだし、あっという間ににぎやかな「真夜中の遊園地」に!

ケイト・グリーナウェイ賞の中でも、子どもたちの投票によって決められるシャドワーズ・チョイス・アワード2022を受賞したこの絵本。人間たちと全く変わらない様子で遊園地を楽しむ姿と、時折見せる野生の動物たちの緊張感あるシルエット、さらに夢を夢で終わらせない彼ららしい行動まで。そのギャップに驚かされながらも、美しく心ときめく情景にすっかり心を奪われてしまうのです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

動物たちのすむ森に移動遊園地がやってきました。人間たちが、楽しそうにあそんでいます。いつもひそやかな森のよるは、はなやかな明かり、にぎやかなざわめき、はなをくすぐるにおいでいっぱいです。しずまりかえったまよなか。やってきた動物たちは……。
ケイト・グリーナウェイ賞の中でも、子どもたちの投票によって決められるシャドワーズ・チョイス・アワード2022を受賞しました。光と闇の幻想的な描き方と、においや音を感じられるような臨場感のある構成が魅力の、文字なし絵本。

まよなかのゆうえんち

まよなかのゆうえんち

まよなかのゆうえんち

ベストレビュー

文字のない絵本

幻想的で美しい表紙のイラストにひかれ、手に取りました。
文字のない絵本。夜の移動図書館にこっそり忍び込んだ動物たちのおはなしです。
昼間、人間が楽しそうに遊ぶ姿を森の影から見ていた動物たち。一見冷静にも見えますが、内心はきっとワクワクしていたんだろうなと思います。
想像力をはたらかせて、何度もゆっくり味わいたいです。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子15歳、男の子13歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
59,400円
1,760円
8,800円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

462円
1,760円
550円
10,780円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

まよなかのゆうえんち

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら