新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
どんぐり
NEXTプラチナブック

2023年11月認定
絵本ナビ NEXTプラチナブック

絵本ナビが特に推薦する作品です。

どんぐり

  • 絵本
作・絵: たての ひろし
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2023年09月01日
ISBN: 9784338362016

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
32ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


誰かの命は誰かの糧になり。【NEXTプラチナブック】

みどころ

見上げる木々の梢から、無数のどんぐりが降ってくる。
こんな光景から、この絵本は始まります。
地面に落ちた美しいどんぐりたち。しかし、ページをめくるたび、それらは森の生物たちに食べられていきます。
野ネズミが食べ、鳥が咥え去り、穴が空いたどんぐりの表面からは中を虫が喰ったことがわかります。
そこから生き残って根を出し芽吹いたどんぐりも、若芽が動物や虫に食べられ、ほとんどが死んでいきます。
けれども……。

この絵本は絵だけで進んでいきます。
どんぐりが落ちた地点を定点観測するように、めぐる季節を越えて、植物、生物たちの営みが描かれます。
精緻に描かれた画面に見入っていると、葉擦れの音や土の匂いまでしてきそうです。
モノクロと鮮やかな色彩の対比も、ハッと目を惹きつけられます。

生きようとする命が、他の命の糧になっていく。
ここに描かれる森の生命のやりとりに、誰もが圧倒されることでしょう。
命を見つめ、向き合い続ける作者・舘野鴻さんだからこそ生まれた一冊。
幅広い年齢の読者に手に取ってほしい絵本です。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

どんぐりが梢から落ちてくる。どんぐりは生きようとしている。けれど、ほとんどは死んでいく。誰かの命は誰かの糧になっている。森はそのようにできている。たてのひろしが季節を越えてめぐる生命の気配を描く。

どんぐり

どんぐり

どんぐり

どんぐり

どんぐり

ベストレビュー

大切な自然の恵み

図書館のおすすめコーナーで見つけました。
文字のない絵だけの絵本です。
たてのひろしさんの作品には『しでむし』『ぎふちょう』など、素敵なものがたくさんあります。
こちらもモノトーンの世界にどんぐりの部分など少しだけ色がついていて、とてもおしゃれで美しいです。
木から落ちてくるどんぐりは、大切な自然の恵みであるということがよくわかるというところもよかったです。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子16歳、男の子14歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,980円
1,210円
1,320円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

6,600円
880円
605円
2,970円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

どんぐり

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら