新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

かいけつゾロリ(26) かいけつゾロリちきゅうさいごの日

かいけつゾロリ(26) かいけつゾロリちきゅうさいごの日

  • 児童書
作・絵: 原 ゆたか
出版社: ポプラ社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1999年12月
ISBN: 9784591062357

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
サイズ:22x15.5cm
ページ数:96ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

大きな隕石が地球にぶつかる! 
ゾロリとイシシ、ノシシは、この危機を救うべく、おなら大作戦を考えたのだが・・・?

ベストレビュー

泣ける笑えるいい仕事

巨大隕石が地球に衝突する危機を、ゾロリたちがどうにかしてしまうお話。

1999年12月発行。
当時の懐かしい思い出の、美味しいところを選び抜いてネタにした楽しいギャグがわかったら、二倍楽しい。
当時の総理大臣や、流行した映画、その他諸々を使った楽しい話や、魅力的なキャラクターは、さすがだと思う。
特に、色男で、豊かで健康で幸せで、彼女といちゃいちゃしっぱなしのブリオ氏と、劣等感の塊で、何をしても失敗ばかりでいじけているフレディ氏の対比が面白い。
しかし、どんな登場人物(人ではないけど)にも、必ず良いところや、得意なものを持たせて、活躍してもらうところが、素敵だ。ただ面白いだけでなく、人情味があって、温かい。

ゾロリたちは泥棒なのに、なかなか人脈が広くて、思わぬ人物に助けられたりして、素晴らしい。
ネタバレしないように感想を書くのが難しいが、みんな、非常事態には勇気や愛や、侠気を見せる。
是非とも、普段から本気で生きて欲しい。

ふと気が付いたが、襲ってくる隕石の形が、ジャガイモのように見えた。全く気のせいだが、裏のテーマが、「サツマイモ VS ジャガイモ」だったらと思うと、どちらに私は加勢したらよいか、真剣に悩む。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,210円
1,210円
1,540円
1,210円
1,210円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,200円
3,630円
1,540円
3,300円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

かいけつゾロリ(26) かいけつゾロリちきゅうさいごの日

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら