新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

かみなりじいさんと ぼく

かみなりじいさんと ぼく

  • 絵本
作・絵: みぞぶちまさる
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2010年10月
ISBN: 9784061324411

出版社のおすすめ年齢:3歳〜

出版社からの紹介

ゆうたは、よその子どもでも、悪さをすれば容赦なく怒鳴りつけるおじいちゃんが、恥ずかしくてなりません。ある日、近所の山田さんの家の柿を取ろうとしたこどもたちを叱り、自分の子ども時代の話を始めます。そこの柿の木の家は、ゆうたのおじいちゃんたちも、子どもの頃柿をとりに来ては怒鳴られた家だったのです。そこにすんでいた”かみなりじいさん”との交流が、おじちゃんのひとりがたりで語られ、場面が平成に戻ると……。

ベストレビュー

懐かしい^^

よその子が悪い事をしていると「こらっ!」って怒鳴ってくるおじいちゃん。
そんなおじいちゃんも子供の頃は同じように怒られていたなんて^^
古き良き昭和の暮らしと人柄にいい時代だなぁとしみじみ感じました。
かみなりじいさんと自分の祖父がよく似ているの^^
怒った表情や血管の浮き出たシワシワの腕とか、本当似てて懐かしさでいっぱいになりました。
こんな風によその子を叱ってくれる人がいたら・・・
それをありがたく受け止められる親ばかりだったらいいのになぁ。
今の時代は何かと疑問が多い生きにくい時代ですね・・・。
(Yuayaさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,980円
902円
10,780円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,848円
1,650円
3,300円
1,320円

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

かみなりじいさんと ぼく

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら