新刊
ふるかな ふるかな?

ふるかな ふるかな?(評論社)

雨はふるかな ふるかな? まだかな まだかな?

  • かわいい
  • ギフト
新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
大きなわる〜いオオカミがっこう

大きなわる〜いオオカミがっこう

  • 絵本
作・絵: ジョナサン・アレン
訳: 久山 太市
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2001年02月
ISBN: 9784566007031

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

オオカミ学校の先生が良かったです。

オオカミ夫婦に拾われ、育てられた迷子のオオカミフィリップは、オオカミ仲間と遊べないし、小動物と友だちになりたがるし、ちっともオオカミらしくありません。
そこで、オオカミの両親は「大きなわる〜いオオカミがっこう」に、フィリップを入れることにしました。
ここの先生がなかなか良かったですね。
小学校にも、こういう風に厳しいけれど、子供の本質を見抜いてくれる先生がいてくれるといいのになぁ。最近の先生は事なかれ主義が多くって。(感想じゃなくなってきちゃいました、失礼)

さて、フィリップは先生の教えの元、一緒に入学した仲間達と、「大きなわる〜いオオカミ」になるために、6つの課題を勉強します。
ところがどれも、フィリップには上手くいきません。
そして最後の課題。ひつじに上手に化ける課題で、フィリップは、突然仲間達を追いかけ始めるではありませんか!
実はフィリップは牧羊犬の子供だったのです。
オオカミじゃなくて、犬だったフィリップ。
ありがちな結末ですが、出てくるキャラクター達が個性的だし、絵もかわいいので、面白く読むことができました。
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,980円
1,100円
1,210円
1,540円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
3,080円
550円
2,200円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

大きなわる〜いオオカミがっこう

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら