新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ
新刊
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

「答えのない問いに向き合う力」をはぐくむ新感覚の絵本

  • 全ページ
  • ためしよみ
むしたちのサーカス

むしたちのサーカス

  • 絵本
文: 得田 之久
絵: 久住 卓也
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2012年10月20日
ISBN: 9784494002672

出版社のおすすめ年齢:3歳〜
B5判 26.6×19.1cm
32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「むしたち」シリーズ第6弾は、むしたちのサーカスです。
虫が苦手な子やママでも、この絵本は大丈夫。
登場する虫たちは、かわいらしくデフォルメされていて、それでいてしっかり特徴を捉えたイラストです。

町のサーカス団がむしむしはらっぱへやってきて、サーカスを開催します。
会場作りはバッタたちの仕事、パリパリ、ムシャムシャ、草を食べながら行進して広場を作ります。
テントを張り、お客さんを呼んで、いよいよサーカスのはじまりです!

オトシブミやカミキリムシの玉乗り、玉はテントウムシです。コメツキムシとダンゴムシの曲芸、ミイデラゴミムシは自分のおならで大砲から飛び出します。

それぞれのむしたちのもつ能力をうまく活かした、むしたちのサーカス。
読み終わった頃には、むしたちに愛着を感じていることでしょう。

(金柿秀幸  絵本ナビ事務局長)

むしたちのサーカス

出版社からの紹介

むしのサーカス団が野原にやってきました。まずは、バッタたちが草をムシャムシャパリパリと食べて、広場を作ります。
テントを張って、チラシを配ったら…いよいよサーカスの始まりです。
カタツムリの馬車にのって、キリギリスたちがジャグリング。アリたちが綱になって、その綱をわたるオンブバッタ。空中ブランコはハサミムシ。
個性豊かなむしたちが見せる曲芸にご注目!うまくいきましたら大きな拍手をお願いいたします。

ベストレビュー

虫、大好き!

この絵本に出てくる虫のサーカスはとっても虫たちの特徴をとらえていてうちの子はとっても楽しんでいました。うちの子は特に気に入っていたのが、バッタたちがサーカスをするために広場の草を食べつくしていたところが面白かったみたいです。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子5歳)

関連記事

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

むしたちのサーカス

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら