虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
タケえさん 30代・ママ

虫が鮮明に!
虫の拡大写真です。 私も息子も虫が大…

ちいさなうさぎのものがたり」 みんなの声

ちいさなうさぎのものがたり 文:アルヴィン・トレッセルト
絵:レナード・ワイスガード
訳:安藤 紀子
出版社:ロクリン社
本体価格:\1,500+税
発行日:2017年03月
ISBN:9784907542436
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,611
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リトル・ラビットの成長

    リトル・ラビットの成長物語が描かれてました。母うさぎから生きていくうえで大切なことを教えてもらって、自分の身を守ることを学んだリトル・ワールドが、母親になるまでの物語でした。一番感心したのは、母うさぎがしてくれたように、自分のからだから抜いた柔らかくてあたたかい毛を巣穴に敷き詰めたことでした。生まれたわが子を守ろうと必死の母うさぎに感心しました。

    投稿日:2018/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子ウサギの一生

    このお話は、一羽の子ウサギがお母さんのもとから巣立って、自分の子供を産むまでのお話でした。お母さんが自分の子供に愛情をもって厳しく育てたりしている様子が、母の強さを感じました。人間に一度このウサギが捕まってしまうのですが、いろいろな経験を経て大人になったお話がちょっとじ〜んときちゃいました。

    投稿日:2017/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子うさぎから母うさぎへ

    『THE RABBIT STORY』が原題。
    巣穴で生まれたリトル・ラビットが、様々な経験をしながら成長していく姿を、
    古風ですが味わい深い絵が語ります。
    畑に迷い込み、人間につかまったり、ややスリリングですが、
    野生のうさぎらしく脱走し、元の生活に戻るところなどは、
    たくましさを感じます。
    ラストは、あたかも、最初の光景を思い出させます。
    命の連続は神々しいですね。、
    水墨画のような一色で描かれた作品なのですが、
    不思議とカラーのような色彩を感じさせてくれるのが不思議です。
    やや長いお話なので、小学生くらいからでしょうか。

    投稿日:2017/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット