となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

3びきのこぶた」 みんなの声

3びきのこぶた 作:ジェイコブズ
絵:二俣 英五郎
訳:岸田 衿子
出版社:三起商行(ミキハウス)
本体価格:\1,500+税
発行日:1987年11月
ISBN:9784895882033
評価スコア 4.43
評価ランキング 10,210
みんなの声 総数 6
「3びきのこぶた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ふしぎです

    レンガの家がごうかだと思いました。これならこわれそうにないと思いました。

    ぶたはそうしょくなのに、おおかみがたべられるのかなあって思いました。ほんとうにたべるのかな。

    ふしぎです。

    りんごのところとたるのところでおおかみに会っちゃうからどうなるのかと思ってドキドキしました。

    さいごはよかったと思いました。

    投稿日:2009/09/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハードボイルドなこぶたさん

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    慣れ親しんだ「3びきのこぶた」のお話とは違う点がたくさんありました。
    ”本当は怖い昔話”的なお話です。
    やるか、やられるかの世界で、生き延びるために敵を出し抜くハードボイルドなこぶたさんが描かれていました。
    温かみがある優しい絵とのギャップが、ブラックユーモアのようにも感じました。


    投稿日:2020/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話はおもしろい

     おなじみの「さんびきのこぶた」は、たくさん絵本があります。それぞれお話が、少しずつちがっています。
     この絵本は、こぶたがおおかみに食べられてしまいます、、、。
    「おおかみは、こわい」と思いながら、それでも子どもは、お話にひきこまれていくんですよね。昔話は、やっぱりすごいなと思います。

     やさしい絵と、おもしろい会話がいいですね。ストーリーは知っていても、ドキドキしながら楽しめる絵本でした。

    投稿日:2014/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラドキドキ

    「三びきのこぶた」、原話に忠実でないものも多いのですが、このお話は忠実に描かれているので、安心して読めました。

    お母さんがとしをとっているというのは、今まで読んだ中にはなかったような気がするので、新解釈かなあと思いました。

    二俣さんの絵も優しい雰囲気で怖さがなくていい感じだあなと思いました。

    三匹目のこぶたとおおかみの攻防戦が読み応えがあります。ハラハラドキドキな展開なのが読ませるなあと思います。

    投稿日:2009/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • これが本当のおはなし?

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    二俣氏の絵\(◎o◎)/!
    ということで、図書室にリクエスト。
    閉架書庫のシール・・・(*_*;

    おはなしの内容は、みんなが思っている内容とはちょっと違いますよ。
    話し方も、独特です。訳し方なのでしょうが、それがまた、おもしろいと思います。

    やっぱり、二俣氏の絵はいいなぁ〜。

    投稿日:2009/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘には衝撃的?

    3びきのこぶた・・・というだけでも
    様々な出版社から刊行されていますよね。
    この絵本を手にとったのは『とりかえっこ』や『こぎつねコンとこだぬきポン』などの優しいイラストで有名な二俣英五郎さんが手がけたものだったからなんです。
    絵こそ優しいですが 本来の3びきのこぶたのお話。
    かなりシュールですね。
    娘がこれまで知っていたのは3びきのこぶたがオオカミから逃げてレンガの家に入ってきたオオカミを懲らしめておしまい・・・という幼児に分かりやすく刺激を少なくしたようなお話だったので このお話を読んであげたらすごくビックリして「ええ!?なんでよ?!」と何度も叫んでいました。結構ショッキングな内容だったようです。
    そうですよね、のっけから次々にぶたさんがオオカミに食べられていくのですから^^;
    でも日本昔話にしてもグリムなどにしても本来はこういうシビアな面を持ち合わせているお話がオリジナルなのですから
    私としては意欲的に読んで行きたいなーと思います。
    まだまだ昔ながらの童話やお伽話もほとんど知らない娘。
    これからが楽しみです。
    それにしてもこの絵本の中のぶたさんとオオカミさんの方言が笑えますね^^

    投稿日:2007/12/14

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 2
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3

全ページためしよみ
年齢別絵本セット