となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

スースーとネルネル」 その他の方の声

スースーとネルネル 作・絵:荒井 良二
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1996年05月
ISBN:9784032276305
評価スコア 4.28
評価ランキング 17,501
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なかなか ねない子どもの スースーとネルネルは  ねむくなるまで二人でお話を作って 夢の世界へいきます

    時計の中に入ると   怖いような世界へ 
    スースーは「コワイよね」  ネルネルは 「たのしいわよ」

    ネルネルは 怖さ知らずで 楽天的な子ですね
    いつも たのしいわよ たのしいわよと言っています

    スースーは こわごわ でも 興味がある・・・・

    夢の世界を 二人のお話で いっぱい楽しんでいる二人 
    いいですね〜   こんな子どもの世界

    そしてお話が終わると 満足して 眠りにつくのです
    こんな夢のあるねむり方がしてみたいです

    荒井良二さんは アストリッド・リンドグレーン 記念文学賞を 日本人ではじめて 受賞されたんですね(2005年)

     荒井さんの夢の世界の絵本は 子どもも大人も 引き込まれますね

    投稿日:2019/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストも色使いも巧みな作品。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    これまでに拝見させて頂いた荒井さんの作品とは、ちょっと違った感覚の作品でしたが、イラストも色使いも巧みで、ドキドキワクワクするような、ストーリー展開!優れたファンタジーだと思います(o^_^o)
    スースとネルネルは、毎晩、こんな冒険をしているのかしら?ね♪
    小さなお子様にはちょっと早いかも知れませんが、一人で眠れるようになった頃に読んであげると、眠れない夜に、自分で夢の世界へのお話を想像しながら眠りにつくようになれるかも知れませんね(o^_^o)ただ、背景が暗いページがございますので、怖がりなお子様だと、逆に、夜、眠れなくなってしまうかも知れません(..;)
    面白い作品でした♪

    投稿日:2006/06/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おむつのなか、みせてみせて!』10万部突破記念! ヒド・ファン・ヘネヒテンさんインタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット