しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ぶな森のキツキ」 みんなの声

ぶな森のキツキ 作:今村 葦子
絵:遠藤 てるよ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1991年
ISBN:9784494006588
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,993
みんなの声 総数 2
「ぶな森のキツキ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぶな森のなかまたち

    私は、「ぶな森のなかまたち」今村葦子・作 遠藤てるよ・絵コンビの作品を先に読んでいたのですが、」リスのキッキの”ぶな森”を守ろうとする姿に感動したので、この”ぶな森のキッキ”を図書館から借りてきました。嵐の後にしゃべらなくなったリスのキッキは、口の中に卵を温めていたんですね・・・・・この時には、しゃべらなくなったキッキを仲間が心配してくれていたのが、よかったなあと思いました。いつも変わらない優しいキッキに感動しました。

    投稿日:2018/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい心

    ぶな森に住むリスのキツキはおおあらしの次の日からしゃべらなくなりました。仲間はキツキのことを心配してました。7日目の朝に、キツキが口の中からあるものを取りだしました。それは水色の卵でした。キツキは嵐の夜に親鳥のもとから離れた鳥の卵を口にいれてあっためていたのでした。卵は無事にかえり、キツキや
    仲間たちは祝福します。キツキの雛鳥を思う優しい心、そしてリスの仲間達がしゃべらなくなったキツキを心配する心などこの本にはたくさんの思いやりの心がいっぱいです。読んだあと、大変すがすがしい気持ちになれます。

    投稿日:2003/01/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット