話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

あかてがに」 みんなの声

あかてがに 作・絵:横内 襄
出版社:福音館書店
本体価格:\390+税
発行日:2009年06月
評価スコア 4.13
評価ランキング 23,111
みんなの声 総数 7
「あかてがに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 海辺のかにさん

    久しく海辺を歩くことがないので、あかてがにという名前に印象がないのですが、陸の上を歩き回っていたカニを思い出します。
    脱皮、産卵、交尾と、取れたハサミがまた出来てくるという再生力と、ビックリすることばかりです。
    飼うこともできるようなので、今度海にいったら探してみたいと思います。

    投稿日:2020/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんと しょうくんが野生の“あかてがに”の観察をするお話です。物語のような構成になっていますが、これは立派な『あかてがに百科』です!!巣穴、食事、脱皮、産卵の様子が、丁寧に描かれています。

    わが家でもカニを飼っていて、この前、3回目の脱皮をしたところです。とはいえ、脱皮をするのは真夜中なので、脱皮の様子を見るのは初めて!!家族みんなで、「おぉ〜っ!!」と盛り上がりました♪
    そして、この本のおかげで、わが家のカニがメスであることも判明☆
    カニを飼っていても、なかなか知ることができないことが、いっぱい描かれていました。

    これは、かなり面白いです!!
    カニ好きでなくても、「へぇ〜☆」と思うと思います。
    これからの季節にピッタリ。オススメです!!

    投稿日:2012/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    • なびころさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳4ヶ月

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。初めて見るかにの姿に興味が湧きました。名前の由来をとても分かり易くお父さんが説明しているところがかっこよかったです。さすがお父さんだな!と思える絵本でした。味わい深い色彩で自然の雄大な様を描いている背景も素敵だなと思いました。蟹の産卵の様子は初めて見たのでとても勉強になりました。

    投稿日:2009/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • かにさん、スゴイ。

    今年、初めて蟹捕りに行った娘と思い出しながら読みました。
    生きている小さな蟹を初めて見た娘は、「怖い、怖い!」と叫んでいたのですが、もちろん絵本は怖がることなく、不思議そうに見ていました。私も、この本で初めて蟹の生態を知ったのですが「えーっ!」と驚くことが多々ありました。「おす?めす?」と絵本の解説をみて何のことか解かっていなっかった娘も新しい言葉を一つ覚えたようです。

    投稿日:2009/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生態

    しょうくんとお父さんが海辺で出遭ったアカテガニについて描かれたお話です。

    アカテガニの生態が丁寧に描かれていて、とても勉強になる絵本だと思いました。
    特に脱皮の工程には感動しました。

    とても綺麗で繊細なタッチで描かれていて良いなぁと思いました。

    夏の季節に、是非子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    投稿日:2009/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • えーはさみが??

     およそ2年間うちで飼っていたかにがこの前なくなりました。初めて脱皮後の皮を見ることができて家族全員びっくりしました。そのかにがいなくなって子どもたちはとても寂しがっていたときにこの本が発売され、すぐに購入しました。
     えーーかにってはさみまた生えてくるの??と家族全員がびっくりしながら、とても詳細に描かれた脱皮の様子や海辺の様子などをじっくり読ませていただきました。
     子どもたちにとってもかにちゃんの思い出と一緒にいつまでも大切な一冊になりました。

    投稿日:2009/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 科学絵本っていいですね

    最近「かがくのとも」を買う頻度が増えています。

    なぜかというと、生活科の授業や息子の興味と直結していることが多いからです。

    そして、この本もつい買ってしまいました。

    今、息子の中では釣りがブーム。釣りではないのですが、水辺の生き物に興味を示しているので、いいかなあと思ったのです。

    現在、ざりがにを飼っている息子は、かにつながりで、一人でも読んでいます。

    かにということで、脱皮したり、脱皮の時にはさみや足がとれて再生するというところも似ているんですね。

    そして、おすの方がめすよりも大きいということも同じでした。

    息子もそうですが、私もまたまた勉強になりました。

    「かがくのとも」ってすごいなと毎回思って読んでいます。

    息子がまた感想でこう書くかもしれませんが、「これ一冊であかてがにのことがよくわかります」。

    イラストも素敵でした。

    投稿日:2009/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しゅくだい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット