話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

パンやのくまちゃん」 みんなの声

パンやのくまちゃん 作:森山 京
絵:広瀬 弦
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1998年07月
ISBN:9784251040657
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,507
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • くまちゃんのけなげさや素直さ

    後半がちょっと切なく感じましたが、くまちゃんのけなげさや素直さは全編を通じて変わりなく感じられました。

    くまちゃんのお父さんはただで物をもらうわけにはいかないという律儀さがありますし、

    パンやのおかみさんは、けじめやしつけを大事にしていて、それを時々口にしています。

    そんなところに今時の本のようなスピーディさはありませんが、

    丁寧にじっくりと生活している人たちの機微が書きこまれている気がしました。

    日本的な考え方が随所に見られますし、時代が変わっても大切にしていきたい考え方とあるように思いました。

    また、くまちゃんの成長ぶりも感じられ、くまちゃんの子どもらしいかわいらしさも感じられる児童書です。

    一人読みするなら中学年ぐらいでしょうか。

    投稿日:2011/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 現実感あり!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    とても愛らしいくまちゃんの絵が気になって
    お借りしましたら
    結構現実的な内容で、びっくり

    おじいさんとおばあさんは
    すぐ、そこに居るような雰囲気(^^ゞ
    それにいたずらっ子というか
    いじめっ子というか3人の男の子も
    絡んできます
    その絡み方も
    まるで、現実的
    でも、今の社会では、ないかも・・・

    くまちゃんのおとうさんは、しっかりした方なんです!
    人間にも見習ってほしいほど

    そして、くまちゃんも
    そのおとうさんや、パンおじちゃん、パンおばちゃんの
    言うことをきちんと、素直に聞ける
    いい子なんです
    いじらしくて
    ハグしたくなります(^^♪

    関連本があるようなので、次にリクエストしてみます♪

    投稿日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいい!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、女の子6歳、女の子2歳

    くまちゃんのパンやさんではなく、パンやのくまちゃんなのですねー。
    パンやさんに遊びに来るくまがとってもかわいかったです!
    時々は悲しいこともありますが…基本的には気のいい人たちに囲まれていいですねー。
    こんな店があったら、ぜひ行きたいです。
    子供もおもしろかったと言っていました。

    投稿日:2020/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても良いお話だと思いました。

    絵本ばかり読んでいると「児童書」は
    長く感じてしまうのですが、
    こちらはとても良い作品でした。
    くまちゃんと そのお父さん。
    パン屋さん御夫婦。
    近所の子供たちやお客さんなど
    登場人物の様子、関わり、感情などが
    文章の中からすごく伝わってきました。
    くまちゃんのかわいらしさと無邪気さ、そして成長。
    お父さんの律儀さ。
    パン屋さんの愛情のあるお人柄。
    礼儀やしつけの大切さも表現されていました。
    くまちゃんとパン屋さんとの出会いとそのストーリー、
    私自身がパン屋のおばちゃんと同世代でしょうか。。
    そう受け止めたのですが
    気持ちがよくわかりました。
    読み聞かせには長いかもしれませんが
    孫にも教えてあげたい本です。

    投稿日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 胸を打たれる

    前半、可愛くて素直なこぐまの登場から、パンやの夫婦が生き生きとしだし、とにかく楽しくて癒されます。
    キャラクターも、くまちゃんはいい子でユニーク。くまちゃんの父親はしっかりしており礼儀正しい。パンやのご夫婦もしっかり者で心優しい。
    読んでいてほっこりほっこり。
    息子も楽しく聞いていました。
    後半は、キュッと切なくなります。ラストは本当に音読しながらウルウルと涙腺が緩みました。

    投稿日:2015/12/29

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット