貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ねこのかぞえうた」 みんなの声

ねこのかぞえうた 作・絵:せな けいこ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2001年
ISBN:9784790250647
評価スコア 4.44
評価ランキング 8,203
みんなの声 総数 15
「ねこのかぞえうた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 表紙の紫のせいでしょうか、それとも初めから終わりまで、表紙の文字の雰囲気がぶれることなく維持されているせいでしょうか、親子で数え唄を歌いたくて中身を見ずに購入したものの、子どもが怖がります。この本、内容は難しくないのですが、子どもには怖いようです。購入前に子どもに試し読みさせることをすすめます。

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこがよく似合う♪

    せなさんの作品の雰囲気って、ほんとねこが良く似合います。
    脚色も含めて、ねこらしいモノに仕上がってます。
    私たち、ねこ好き親子には、これがたまらないです!
    リズムがいいので、節をつけるとより一層、楽しいです。
    特別 ねこ好きさんでなくても、しばらくは「にゃーん、にゃん」が鼻歌になりそうな一冊です♪

    掲載日:2014/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネコがすき

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    せなけいこさんの本が好きな娘。せなさんの本はうさぎさんが多いのですが、うちの子はネコが大好きなので「ねこのかぞえうた」表紙を見ただけで飛びつきました。

    中にも数えながらどんどんネコが増えていきます。
    まだ数はわかっていませんが、ネコが増えていくのでページをめくると「オー!!」っと喜んでしました。

    また出てきた。ついてきた、泣いてる、転んでる等々、ページ毎に楽しんでいる様子でした。

    読み終わるとまた始めのページに戻って見直していました。

    掲載日:2012/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムがあって楽しい

    この本はリズムがあって読み手も楽しく読めるし、聞き手も楽しく聞ける一冊だと思いました。わざと酔っぱらいの様に読んであげたり、今度はまじめに読んだりといろんなバージョンで楽しく読みました。一緒に楽しめてよかったです。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこがキュート

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    にゃーにゃーの声が可愛い猫の絵本です。
    きりえのやさしい風合いと、数えながらどんどん猫が増えていく様子に、子供も泣き声をまねしながらよく見ていました。
    犬を助けるシーンなど、細かいところでちょっと笑えるので、よく細部まで見て楽しむことができます。

    掲載日:2010/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 瀬名恵子さん

    瀬名恵子さんの作品だったのでこの絵本を選びました。表紙のタイトルの描き方がとてもユニークでしっかりと心の響く切り絵だったのが良かったです。細部までじっくりと眺めたくなる配置はさすが瀬名さんだなと思いました。とてもユニークな数え唄だったのでこれなら何回も聞きたくなるし数に対して興味が出るのも良いと思いました。この絵本で数の勉強を楽しんで出来るのが素晴らしいです。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしい にゃーんにゃん!

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子4歳

    猫好きな4歳の娘にと図書館で借りてきました。
    読んでみたら、案の定大のお気に入りに!

    「私は1ぴきめの白い猫だよ!」となりきり、
    一緒ににゃーん にゃんと読みました。

    ひとつひとりで・・・
    ふたつふりむきゃ・・・

    と順番に猫の数が増えていきますが、その中にかわいいストーリーも
    ちゃんとあります。
    読み終えたあとも何度も自分でながめていました。

    図書館で借りた後→書店で購入
    の道をたどる一冊になりそうです。

    はっきりした絵なので、幼稚園での読み聞かせにもよさそうだなと思います。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなでもりあがる☆

    小学低学年の読み聞かせで使われていました。

    「にゃーんにゃん」というところを、子どもたちにも声を出してもらい、参加してもらっていました。

    こんな楽しみ方もあるんだなと思いました。
    だんだん猫が増えてくると、わくわくしてきます。

    ひとつふたつみっつ・・・という数え方も素敵です。
    数に興味の出てくる幼児から、算数を習い始める小学生低学年にもお勧めです。

    次回は、家でゆっくり猫の表情や動きに注目して読んでみたいなあと思いました。

    掲載日:2008/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌いながら楽しめる

    • ドーナツさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子10歳、男の子3歳

    ネコが好きな息子に選んでみました。
    読んでみると歌を歌う感じで読めるので、リズムをとりながら読んだら息子が大喜び!
    ページをめくるたびにネコが増えてきて目が離せない息子。
    最後まで楽しんで読めました。
    せな けいこさんらしい絵でとってもよかったです。

    掲載日:2008/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫好きにはたまらないかも。

    面白そうなので図書館で借りてきました。
    ねこが1匹ずつ増えていきます。
    言葉遊びのようなテンポのよさが
    子供たちにうけて喜んで見ていました。
    私もちょっと歌う風に読んでみました。
    最後のシーンでどのねこが最後に増えたかを
    兄弟で楽しく探してました。
    猫好きにはもちろん子供たちと楽しく読める絵本です。

    掲載日:2008/05/02

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


道端にいるカエルが、実はカエルをやめたがっていたら…?

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット