どっせい!ねこまたずもう どっせい!ねこまたずもう
作: 石黒 亜矢子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本日は100年に一度の大相撲大会。無敵の大横綱、にゃんこのやまに対するは、奇々怪々な妖怪たち。さて、勝敗の行方やいかに!

ほんをよめばなんでもできるなかなかよいと思う みんなの声

ほんをよめばなんでもできる 作:ジュディ・シエラ
絵:マーク・ブラウン
訳:三辺 律子
出版社:らんか社
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784883301768
評価スコア 4.15
評価ランキング 21,200
みんなの声 総数 19
「ほんをよめばなんでもできる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • マークさん

    マークブラウンさんの作品だったのでこの絵本を選びました。やさしい色使いがとても気に入りました。この絵本を読む事で何にでも取り組んでみようかなと言う気持ちになれるのが良いと思いました。人が持っている思いの大きさを感じられる絵本でした。娘にも主人公のように成長して欲しいと思いました。

    投稿日:2011/09/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんでもやろう!

    タイトルからの印象はそれほどよくなかったのですが
    (本さえ読んでいればいい、ってことなのかと想像して
    しまったのです)、読んでみたら、ほんをよんで
    行動するってことなんだなってことがわかり、よかったなって
    思いました。
    本を読めば、いろんなことを知ることができて。知ったことを
    自分で行動にうつしてみたら、ぐんぐん成長できるものね。
    今は「ネット」で結構なんでも調べたりしてしまう時代かも
    しれませんが、本をじっくり読んだり考えたりして、自分の
    体で試してみたいなと思いました。娘もそうであってほしいな。

    投稿日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんをよむ楽しさを教えてくれる

    • kokeさん
    • 30代
    • ママ
    • 長野県
    • 男の子3歳、

    生まれた時から本を読むことが大好きな男の子、サム。読むことで知識をつけ、自信をつけ、なんでもできるようになるんだよーと。本を読むことは世界を広げること、可能性を広げることなんだ!

    サムが読んでいるのは、「はらぺこあおむし」や「Chicka Chicka Boom Boom」など。子どもも「あ、この本知ってる!」と指差してうれしそうでした。

    思わずプッと笑ってしまうユーモア溢れる箇所もあり、3歳児には面白い絵本だったようです。今はまだ「読んで。読んで」とせがむばかりですが、子どもが自分で本を読む日を楽しみにしたいと思います。

    投稿日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • できそうな気がする!

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    タイトル通り、「本読めばなんでもできる」という内容で、本を読み色んな知識をつけどんどん成功させていく様子が描かれています。
    「さすがに無理だろう・・・」「これは絵本だから・・・」と思いたくなったのは正直な気持ちなのですが、「できそうな気がする!」と思ったのも事実です。
    可能性は0じゃない!
    内容はかなり大げさだけど、本を読む大切さ、本の力、知識の豊富さがわかる一冊です。

    少しは信じ今より本を読んでくれる子になったら嬉しいかな♪

    投稿日:2011/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと極端ですが・・・・

    実際に本を読んだからといって、自転車レースで
    優勝できるとは思いませんが(笑)
    本は、可能性を広げてくれる素敵なアイテムですよね!

    「ほんを よめば なんでも できる」このメッセージは大事だと思うけれど
    「本は楽しいから読む」こういうスタンスも私は好きだなぁ。

    4歳で医学書も読めるサム!
    我が家の4歳児は、やっとひらがなの読める字がポツポツあるレベル。
    一番気に入ったのが、見返しのページのひらがなや片仮名が
    たくさん並んでいる所。
    自分の知ってる字を見つけては、声をあげて読んでいます。
    これからに、期待しよう♪

    投稿日:2011/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 確かに世界は広がる

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    本の素晴らしいことは、多くの疑似体験が本の中で出来てしまうこと
    また物語などによって、想像力を増し、相手の気持ちもある程度はわかるようになっていくこと・・・

    でもサムは自転車レースに勝ち、大きい赤ちゃんを送り返す・・・?

    大きい赤ちゃんあたりは、本を読みすぎて飛躍しすぎた想像の世界かしら・・・

    いずれにしても、本好きになってくれると嬉しいんですけどね

    投稿日:2011/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本の可能性?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    『Born to Read』が原題。
    確かに、日本語訳のように訳した訳者の気持ちが分かるような気がします。
    サムは生まれた時から、「ぼくは読むために生まれてきたんだ!」と自覚する
    男の子。
    本を読むことで起こった数々の偉業が語られます。
    どれもが現実離れしたものばかりで、突っ込みを入れたくなります。
    でも、フィクションとして、その本質、本の可能性を体感するだけなら
    インパクトがありそうですね。
    「ほんをよめばなんでもできる!」というニュアンスの文章が
    何度も出てくると、そんな気になってしまいそうです。
    サムが読む本の中には、有名な本もいくつか。
    『はらぺこあおむし』なんかは誰でも気付くでしょうから、
    読者にとっては嬉しいですよね。
    (翻訳に当たって、日本語版の装丁になっているのは憎い演出です。)
    ただ、おはなし会などで読むには、下心が嫌われそうで、
    少しひるんで、外してしまいました。

    投稿日:2011/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一理あるかもね

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子10歳、男の子8歳

    サムは読むことの天才。

    なんでも読んでなんでもわかっちゃう。

    スーパー読書天才児サムのサクセスストーリーといったところでしょうか。

    確かに本を読んで理解すれば、物事がわかったような気になるし、実際にとても役立つでしょう。

    ただ、物事には活字で読んだだけでは決して分からないことがあり、実際に経験することはもちろんとても大事なことです。

    ひとつの物語として読むには、なかなか面白いのではないでしょうか。

    投稿日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆうきをだして!
    ゆうきをだして!の試し読みができます!
    ゆうきをだして!
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    入学入園シーズンにおすすめ!新しい環境に飛び込む勇気をもらえる絵本です。


ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット