ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

ビロードのうさぎ」 たかくんママさんの声

ビロードのうさぎ 作:マージェリィ・W・ビアンコ
絵・訳:酒井 駒子
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2007年04月
ISBN:9784893094087
評価スコア 4.83
評価ランキング 145
みんなの声 総数 122
  • この絵本のレビューを書く
  • ほんもののおもちゃって?

    「ほんもの」って何?
    おもちゃにとっての「ほんもの」って?
    値段の高いおもちゃや機械仕掛けのちょっとこったおもちゃは、我こそ本物だと自信満々。
    でも、ウマのおもちゃが教えてくれます。
    心から大事に思われ、子供の本当の友達になったおもちゃが「ほんもの」だと言うことを。
    長い年月がたち、古くなり、ボロボロになったとしても。
    そして、ビロードのうさぎは、たしかに、その「ほんもの」になりました。
    毎日、ぼうやと一緒にすごし、汚れてボロボロになったビロードのうさぎを見て、
    「どこがいいんだろ、こんなきたないおもちゃ」
    と言ったお手伝いさんのナナに対して、
    「この子はおもちゃじゃないの、ほんとうのうさぎなの」
    と言ったぼうやの言葉が印象的です。

    「ほら、お人形さんが落ちてるよ。」
    と言った私に、
    「お母さん?これはお人形さんじゃなくって、マリちゃん。ちゃんと名前で呼んであげて。」
    と言った娘の言葉を思い出しました。

    子供にとって、大切なおもちゃは、ただのおもちゃではなく、人格を持った友達そのもの。
    いつも友達と一緒にいる心地よさ。
    そして、いつもいつも一緒にいるだけで幸せだという気持ち。
    大切なおもちゃと遊んだ思い出。
    それは、大きくなっても、どこか、心の芯の部分に、暖かい気持ちとして残っていくんだろうな、と思う絵本でした。

    投稿日:2007/05/16

    参考になりました
    感謝
    8

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ビロードのうさぎ」のみんなの声を見る

「ビロードのうさぎ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

だんごむしそらをとぶ / ゆめぎんこう / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2022年この夏読みたい絵本・児童書 レビューコンテスト

全ページためしよみ
年齢別絵本セット