もけらもけら」 渡”邉恵’里’さんの声

もけらもけら 作:山下 洋輔
絵:元永 定正
出版社:福音館書店
税込価格:\1,320
発行日:1990年11月
ISBN:9784834004021
評価スコア 4.28
評価ランキング 19,519
みんなの声 総数 150
  • この絵本のレビューを書く
  • 宇宙語?!!!

    ころ もこ めか もけけ け け け (本文より抜粋)

    そんな絵本。
    意味不明の絵と、擬音語のような言葉がちりばめられた一冊。
    読者がいかようにも解釈したり、楽しんだりできる。
    私はさっぱりわからなかった。前衛芸術の一種だと思ってみた。
    他の人のレビューを見ると、いろいろな楽しみ方があるようで驚く。自分がさっぱり面白くなかったものであっても、それを面白がれる力・感性がその人にある。なんと羨ましい。

    40才でこの絵本を読んだ(見た、体験した)のだが、たぶん、子どものころにこの絵本に出会っても、よさがわからず困惑していそうな気がする。話の筋がないし、ページごとに絵や言葉の関連性がないし、何を伝えたいのかもわからない。作者の意図を予測して、「いい子」のふりをして、模範解答的な態度を示そうとしていた子どものころの私には、いちばん苦手な分野だと思う。
    三つ子の魂、百までとはよく言ったものだ。今も、私は「意味」を求めてたり、「何か役に立つもの」を求めている。絵本にすら!

    考えるよりも感じろ〜
    芸術家が作っただけのことはある。
    ただ、意地悪なことを考えたのだが、無名な作家が作ったならば、これほどまで版を重ねることがあっただろうか?手元の本は2017年で44刷。どんな作品が世に出て広まるのか、予想が付かないものだとつくづく思った。

    いろんな意味で既成概念を覆された作品だ。
    害はないので、頭が固い人や現状を打破したい人は、一読してみるといいかもしれない。破壊力がある。

    投稿日:2021/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「もけらもけら」のみんなの声を見る

「もけらもけら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おおきなかぶ ロシアの昔話 / きんぎょがにげた / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本が教えてくれる国際基準の性教育『女の子のからだえほん』

全ページためしよみ
年齢別絵本セット