話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

てぶくろがいっぱい」 ジュンイチさんの声

てぶくろがいっぱい 作:フローレンス・スロボドキン
絵:ルイス・スロボドキン
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2008年11月
ISBN:9784033480909
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,953
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く
  • 古き良き時代の作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    フローレンス・スロポドキンの文、ルイス・スロポドキンの絵という夫妻による1958年の作品。
    日本では、2008年が初版となっています。

    お名前からすると、ロシアあたりかと思ったのですが、アメリカの作品でした。
    ご主人のルイスのご両親がウクライナ出身だからなのでしょう。

    お話の舞台はミシガン州。
    主人公は双子の男の子ネッドとドニーなのですが、実際のお孫さんをモデルにしているそうです。

    二人のご両親が旅行に行くので、おばあさんが泊まりに来てくれるシーンから始まります。
    その翌日、ドニーの赤い手袋が無くなっていることに気付きます。
    昨日遊びに行ったジェイニーの家に忘れてきて、結局見つかるのですが、それからが大変です。

    赤い手袋を無くしたという噂が広がって、なんと町じゅうの赤い手袋の落し物が届けられたのです。
    その後の話の展開も、実のほのぼのとさせられるもので、素敵な物語に仕上がっています。
    当時流行のパステル調の絵と相まって、今の世の中ではあまり創作されないであろう絵本の素晴らしさに、是非触れて欲しいと思います。

    良書というのは、いつまでたっても色褪せないという証のような作品。

    投稿日:2010/01/24

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「てぶくろがいっぱい」のみんなの声を見る

「てぶくろがいっぱい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / しゅくだい / どろぼうがっこう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



性被害から自分を守るための絵本『パンツのなかのまほう』なかがわさやこさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット