そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ

じっこさんの公開ページ

じっこさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子6歳 男の子3歳

じっこさんの声

1210件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う いろんなものが降ってくる!  掲載日:2018/6/18
そらから ふるもの なんだっけ?
そらから ふるもの なんだっけ? 文・絵: 岩田 明子
出版社: 大日本図書
かみなりさまの子どもが、お父さんの真似をしてあめを降らそうと頑張りますが・・・降るのは。かめやらまめやら、一文字違いの「〇め」ばかり!はちゃめちゃな展開が、子どもたちをひきつけそうです。亀やサメが降ってくる絵なんて、とてもおもしろいですよね。
最後に、父ちゃんはすごいやってなるので、父の日近くのお話会などでも使えるかもしれません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おさがりのすばらしさ  掲載日:2018/6/18
おさがり
おさがり 作: くすのき しげのり
絵: 北村 裕花

出版社: 東洋館出版社
おさがりは嫌だと思っている女の子が、おさがりって素敵なものだと教えられるお話。女の子のクラスのみんなが、机や教室もおさがりだと気づき、自分たちもそれらを大事に使ってきれいに下の子たちにおさがりをあげようと頑張ります。

教科書に載っていそうなお話だなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わかりやすい  掲載日:2018/6/18
ぐるりん ラグりん
ぐるりん ラグりん 作: 新井 洋行
出版社: 大日本図書
いろんな生き物がラグの上で転がるお話です。言葉もかんたんで、とてもわかりやすいので、小さい子どもでも楽しめそうです。絵も、カラフルだから目を惹きますし、シンプルでかわいらしいので、子どもが好みそうです。1〜3歳くらい向けでしょうか。短いので、「読んでー」と子供に何回言われても、対応できそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 文字のない絵本  掲載日:2018/6/11
きんいろのはね
きんいろのはね 作・絵: 田中 伸介
出版社: 文芸社
文字のない絵本です。羽のある犬と郵便配達のおじいさんのヒューマンストーリーです。
少し長めですし、小1くらいの子どもが一人で読むにはちょっと難しいかも。大人の補足が必要かもしれません。かくいう私も最後、絵だけではよくわかりませんでした(津波が来たのですね)。
好き嫌いがわかれるかもしれませんが、一度読んでみるのもいいかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵が愛らしい  掲載日:2018/6/11
ようかいしりとり
ようかいしりとり 作: おくはら ゆめ
出版社: こぐま社
Eテレ「おかあさんといっしょ」で、数年前に?歌われていた「ようかいしりとり」が大好きだったので、読んでみました。イラストも歌詞も、この絵本の著者が担当していたとはしりませんでしたが!
妖怪がたくさん出てきますが、とてもかわいらしく描かれているため怖くありません。ミニ知識も載っていておもしろかったです。もっといっぱいの種類の妖怪が見たいなぁと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 人間とクマ  掲載日:2018/6/10
母ぐま子ぐま
母ぐま子ぐま 著者: 椋 鳩十
絵: 村上 康成

出版社: 理論社
冬眠から目覚めて、クマの母子が漁師に命を狙われるお話。
お母さんは猟犬に襲い掛かられ、子どもたちは漁師に追いかけられる・・・。ドキドキして、もうだめかと思いました。しかし、意外や意外、母は猟犬を振り払い、子どもを助けるために戻ってきました。母の愛と強さに感動しました。
絵のとぼけた感じがまた素敵でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すがすがしい  掲載日:2018/6/7
大造じいさんとがん
大造じいさんとがん 作: 椋 鳩十
絵: あべ 弘士

出版社: 理論社
狩人の大造じいさんと、がんの「残雪」の、知恵比べの物語。本当にこんな賢いガンがいるのかな。いるならあってみたいと思いながら読みました。小学校の教科書で読んだ時よりも、しみじみと感動しました。すがすがしい気分になれました。絵も迫力があってよかったです。
このシリーズ、全作子どもと読みたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 雨を楽しむ  掲載日:2018/6/7
雨、あめ
雨、あめ 作: ピーター・スピア
出版社: 評論社
雨の日の姉弟の一日が描かれています。雨だから家にひきこもるのではなく、雨向けの装いをして、雨ならではの外遊びをめいっぱい楽しんでいます。快く送り出すお母さんも素敵。つい、靴下にはねるから水たまりに入らないでほしい・・・とか言わずに、子どもたちに雨を楽しませてあげないとですね。
字はないですが、けっこう長いし、めまぐるしい展開なので、2歳にはまだ難しいかなと思いました。もちろんお子さんによるのだとは思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい  掲載日:2018/6/7
仕立屋のニテチカさんが王さまになった話
仕立屋のニテチカさんが王さまになった話 作: コルネル・マクシンスキ
絵: ボグスワフ・オルリンスキ
訳: 足達 和子

出版社: 偕成社
ポーランドの昔話だそうです。ユニークで愉快な物語です。
仕立て屋のニテチカさんが途中で出会ったかかし(オズの魔法使いみたいですね)とともに、機転を利かせ、いろいろな冒険をして、最後は王様になります。
絵も個性的で、ストーリー展開もあまり読んだことのない感じ。くせになる感じです。長めですが、小学一年生の娘もおもしろいと気に入っていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい プログラミングに触れる  掲載日:2018/6/7
ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング
ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング 作: リンダ・リウカス
訳: 鳥井雪

出版社: 翔泳社
この本では、問題をどうやって解決していくかということを、主人公の女の子とともに考えていきます。問題を少しずつ小さな問題に分けて考えたり、自分で筋道を立ててることの大切さを教えてくれます。
いきなりコンピューターに向かってプログラミングするというのではなく、日常生活に置き換えてゲーム感覚にすると、親しみやすくなりますね。子供がプログラミングの考え方に触れて、仲良くなることが、この本の目的かなと思いました。
小学一年生には難しすぎるかと思いましたが、娘は「この本おもしろい!」と言ってました。
参考になりました。 0人

1210件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット