しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

しゅうくりぃむさんの公開ページ

しゅうくりぃむさんのプロフィール

ママ・40代・大阪府、女の子11歳

自己紹介
小5の娘のママです!
娘は大きくなりましたが、まだ一緒に本をたのしめています!
道徳的なこと、社会問題を扱った本なども取り入れながら、息抜きになるような本も読んでいきたいです。
好きなもの
絵本だいすき!おいしいものも、あそぶのも、だ〜いすきっ!!
ひとこと
少しずつ、娘と一緒にたのしむ本の内容や時間が変わってきました。
あとどれくらいあるかはわかりませんが、大切にしていきたいです。

しゅうくりぃむさんの声

4191件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う あきれるほど…  掲載日:2017/8/1
センシュちゃんとウオットちゃんおやつのくに
センシュちゃんとウオットちゃんおやつのくに 作: 工藤 ノリコ
出版社: 小学館
食いしん坊で、欲張りで、ドジ。
でも、なんか憎めないんですよね〜、センシュちゃんって!
純真なところが可愛いです。
季節にからんだお話が、なんと、10話もはいっていました!
最大の見どころは、やっぱり「おいしそう」。
盛りだくさんで、おなかいっぱいの一冊でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 最終列車のあとから来たのは…  掲載日:2017/8/1
さいしゅうれっしゃのあとで
さいしゅうれっしゃのあとで 作: 市川 宣子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
最終列車を見送ったはずなのに、また列車が到着するのです。
その列車を見送ると、またまた列車が到着。
またまた列車を見送ると、さらに列車が到着。

3台の列車が運んでいたものが、とってもファンタジーで、それぞれの運転手さんも、すごく可愛いのです。
柿本さんの柔らかな絵が、これまた、このお話にピッタリで。
ページをめくるたびに、「わっ♪」というきもちになりました。

可愛くて、夢があって、とっても素敵なお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うまーい!  掲載日:2017/8/1
どん・ぐりぞうのおはなし
どん・ぐりぞうのおはなし 作・絵: 近藤 薫美子
出版社: アリス館
「なんでもや」をはじめた ぐりぞうくん。
いろいろと依頼が舞い込みますが、もう、ドッタンバッタン、ありゃりゃ〜の連続!
でも、この感じ、すっごく楽しい!!
ぐりぞうくんが掲げた看板、『なんでもや はじめました』。
この看板、お話が進むに間に2回書き直すことになります。
それが、とってもうまいのです!
落語みたいなお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おばけだってね…  掲載日:2017/8/1
おばけがっこうぞぞぞぐみ
おばけがっこうぞぞぞぐみ 作: 戸田 和代
絵: とよた かずひこ

出版社: 岩崎書店
きょうから一年生のおばけたちのお話。
緊張感いっぱいだったり、登校の道が怖かったり、なんだ、おばけも一緒だね!と、ちょっぴり嬉しくなります。

それに、おばけだって、とよたさんが描けば、それはもう、たまらなく可愛く見えるのです!

化けるれんしゅうも、本番も、思わず吹き出してしまうほどの可愛さ!
ほんとうに絵もお話も、ぎゅーっと抱きしめたくなるお話です。

一年生の共感がいっぱいつまった一冊。
はじめての児童書としてもおすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 今のしあわせに気づく  掲載日:2017/7/28
ノコギリザメのなみだ
ノコギリザメのなみだ 作・絵: 長 新太
出版社: フレーベル館
ノコギリがボロボロだと嘆く、ノコギリザメのおじいさん。
うみのオバケが現れて、代替品を探してくれるのですが、どれもしっくりこない。
そして、最終的には、元のノコギリがいちばんだということに気づくのです。
代替品のヘンテコさを楽しみながら、今のしあわせに気づかせてくれるあたり、深いな〜と思いました!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う これはいいな  掲載日:2017/7/28
ねことらくん
ねことらくん 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
突然ねこがやってきて、少しの時間、双方の生活を入れ換えます。
体はそのままで、チョッキと尻尾だけ取りかえて(笑)
生活を取りかえるのも楽しそうですが、尻尾をつけてもらえるのが、羨ましくって!
体はそのままなので、あんまりねこらしくはないですが、却って、そのお手軽感がいいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う とけいの初歩  掲載日:2017/7/28
とけいやまのチックンタックン
とけいやまのチックンタックン 作・絵: 竹中 マユミ
出版社: ひさかたチャイルド
朝の6時から夕方の6時まで、チックンとタックンの1時間刻みの楽しい一日のお話。

7時、8時…と場面が変わりますが、各場面に時間の数字が隠れています。
ひと目でわかるようなものですが、うちの娘の年でも、結構楽しんでいました。

充実の一日。
ふたりが暮らす山をズームアウトすると!
なんと、時計になってました。

何時何分ではなく、何時。
もう忘れてしましたが、こんな風に時計を覚えていくんだなって思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いいなぁ  掲載日:2017/7/28
バースデー・ドッグ
バースデー・ドッグ 作: 斉藤 洋
絵: 高畠 那生

出版社: フレーベル館
たんじょうびに突然現れて、いろいろと世話を焼いてくれる犬。
どうやら、誰かからの誕生日プレゼントらしいです。

いいなぁ!
世話を焼いてくれる上に、犬ですよ!犬!!
犬好きとしては、たまらないです。

まぁ、すこし偉そう…いや、強引な感じではありますけど…。
それに、“送り主は言えないことになってる”ってところは、ちょっぴり怖い(笑)

とはいえ、役に立つし、話し相手にもなるし(言葉を話すので…)、やっぱり羨ましい感じでした!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい びっくり!  掲載日:2017/7/26
写真で知る!びっくり日本一
写真で知る!びっくり日本一 出版社: パイインターナショナル
なんと、50ものびっくり日本一が詰まっています。
50もあるのに、自然や建造物のみです。

なんといっても日本一なので、カメラはかなりズームアウト。
そのおかげで、とっても開放感があって、ちいさな島国とは思えないほどです。

この本を見ていたら、日本にも、まだまだ訪れたい場所がたくさんあるなって思いました。

娘は、この本を夏休みの宿題のひとつに活用するそうです。
とっても良いものに仕上がりそうなので、楽しみです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 知るってたのしい  掲載日:2017/7/26
オオサンショウウオ
オオサンショウウオ 写真: 福田 幸広
文: ゆうき えつこ

出版社: そうえん社
「オオサンショウウオ」
知名度は高いですよね。
姿は知っていても、身近な生物ではないので、生態はよくわかりません。

寿命、食事、繁殖、驚くことがいっぱいでした。
オオサンショウウオの時間って、とてもゆっくり流れているようです。

名前は知っている→名前も生態も知っているの差は大きいです。
知るってたのしいなって思いました。
参考になりました。 0人

4191件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「学校がもっと好きになる絵本」シリーズ刊行記念 くすのきしげのりさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット