アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ちりぷさんの公開ページ

ちりぷさんのプロフィール

ママ・30代・福岡県、2歳 0歳

ちりぷさんの声

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 興味津々!  投稿日:2010/11/15
紙芝居 まるいものな〜んだ
紙芝居 まるいものな〜んだ 作・絵: とよた かずひこ
出版社: 童心社
まるいものが何かを当てていく紙芝居です。
子供が大好きな目玉焼きだったり、おまんじゅうだったりが次々とでてきて、2歳の娘も「なんだろうなんだろう〜」とにこにこしながら参加していました☆

絵本と違い紙芝居のいいところは紙をずらして次の場面の一部を見せることができるところ!!!それをうまく利用してまるいものの正体をゲーム感覚で当てていくところがたまらなく好きみたいです(^^)

簡単な絵で構成されているので、小さいお子さんに読んであげても楽しんで見ることができると思います!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ふうせんでどう遊ぶ〜?  投稿日:2010/11/15
こぐまちゃんとふうせん
こぐまちゃんとふうせん 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
ぷかぷか浮かぶ風船が大好きな娘に読んであげようと思い購入しました。

風船を膨らまそうと挑戦したり、思わず割ってしまった場面を
(私)「こぐまちゃんも○○ちゃんと一緒だね〜 風船膨らますのむずかしいね〜」
(娘)「うん、ふうせんパンっするもんね〜」

などと、実体験に重ね合わせながら楽しんで読んであげています。

こぐまちゃんの遊びと自分の遊びや経験が一緒なのが嬉しいのか、風船が割れてしまうシーンは娘のお気に入りのようで何度もその場面に戻りたがります。

色んなことに興味を持ち挑戦したがる2歳前後の子供にピッタリの本だと思います☆
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさしいタッチも絵がすき  投稿日:2010/11/15
もしもしおでんわ
もしもしおでんわ 文: 松谷 みよ子
絵: いわさき ちひろ

出版社: 童心社
2歳の娘に読みましたが、私自身好きな本の一つです。

いわさきちひろさんのとても優しいタッチの絵と松谷みよこさんの耳に心地よい文が子供の心同様、私の心も癒してくれます。

「じりりん じりり〜ん」という言葉の繰り返しを娘も気に入っており、我が家の電話やおもちゃの電話を「じりりん じりり〜ん」と言って取る姿は微笑ましいです(^^)

出産祝いなどとしてプレゼントしても喜ばれる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ジョージと娘はそっくり!!!  投稿日:2010/11/15
ジョージとあそぼう うさぎとかくれんぼ
ジョージとあそぼう うさぎとかくれんぼ 作・絵: H.A.レイ
訳: 福本友美子

出版社: 岩波書店
とても知りたがりやで何にでも興味をもって、たまには失敗もしてしまうジョージの姿は2歳の我が子そのもの!!

うさぎ小屋にいるうさぎたちを見て触ってみたくなるのは、本の中にいるジョージだけでなく、本を読んでいる我が家の娘も一緒のようで、ジョージがうさぎ小屋の鍵を外してしまったシーンは何度も繰り返し見たがります。

子うさぎがいなくなってしまったときのハラハラドキドキしている様子や、見つけたときの喜びようは、まるで娘も絵本の中に一緒にいるようで、おさるのジョージは本当に小さな子供たちの友達なんだなぁ〜と感心させられます。

ジョージと一緒に冒険ができる素敵な本だと思います♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ジョージと一緒に乗ろう♪  投稿日:2010/11/15
ジョージとあそぼう のりものだいすき
ジョージとあそぼう のりものだいすき 作・絵: H.A.レイ
訳: 福本友美子

出版社: 岩波書店
子供が女の子なので乗り物の本を選ぶことがなかったのですが、娘の大好きなジョージの本だったので借りてみました。

やんちゃなジョージがバスの上に乗ったり、風船にぶらさがったり、凧にひっぱられたり!!!

空を飛ぶという感覚がまだわからないようですが、ジョージが風船にひっぱられているシーンは気に入っているようです☆

娘がいつ、「風船でお空を飛びたいっ」と言い出すか密かに楽しみです(^^)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おまじないの言葉を楽しんで♪  投稿日:2010/10/31
でてこい でてこい
でてこい でてこい 作・絵: 林 明子
出版社: 福音館書店
大好きな林明子さんの本だったので手にとってみました。

絵の浮かんでいないカラフルなページを娘と一緒になでて遊びます。
「魔法の呪文だよ〜  でてこい〜でてこい〜」
とおまじないをかけて次のページを開くのが楽しいようです。

大人にとってはなんてことない切り絵の世界ですが、2歳の娘にとっては不思議でたまらないようで、切り抜かれた部分と、飛び出した動物たちの部分を指差しては楽しんで遊んでいます(^^)

下の妹と一緒におまじないをかける日も間近、親としては待ち遠しいです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物たちのリアルな動きに感動!  投稿日:2010/10/27
みつばちとどろぼう 改訂版
みつばちとどろぼう 改訂版 作・絵: エリック・カール
訳: 小田英智

出版社: 偕成社
2歳の娘にプレゼントとしていただいた初めての仕掛け絵本です。

ひっぱる仕掛け絵本なのですが、みつばちや、くまの動きがとてもよく表現されていて、本の中で本当に動物たちが動いているようで娘だけでなく私も夢中になってしまいました(^^)

また、エリック・カール氏の「はらぺこあおむし」の仕掛け絵本にも登場する蝶の飛び出す仕掛けがなんとここにも掲載!!!

広げられた本いっぱいに浮かぶ色鮮やかな蝶がとてもキレイで、親子で「おぉ〜!」と感嘆してしまったほどです!

大きな書店でないとなかなか在庫がないようで、あまり知られていない本ではないでしょうか?「はらぺこあおむし」をすでに持っていらっしゃるお子さんへのプレゼントとして喜ばれる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おしりの穴からのぞけば・・・  投稿日:2010/10/27
うんこ!
うんこ! 文: サトシン
絵: 西村 敏雄

出版社: 文溪堂
全ページ立ち読みで一気に大好きになりました(^^)

まず最初の1ページめの仕掛けで「おっ」と思わせられます。

次のページを開いて「ああなるほど!」と思い、そのまま一気にうんこワールドに引き込まれます。

うんこを道端で見たときのショックと感動(?)を動物たちを使って上手に表現してあり、まるで絵本から臭いが漂ってくるような・・・。

2歳の娘も今ちょうど、おまるやトイレにした自分のうんこを見たがる年頃で、「うんこ」という言葉に喜んでいました。

大人も笑える作品で◎です!
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 動物たちのおめめがパチッ!  投稿日:2010/10/24
うたっているのはだあれ?
うたっているのはだあれ? 絵: ジェーソン・チャップマン
訳: きたむら まさお

出版社: 大日本絵画
2歳と0歳のお子さんへのプレゼントとして選びました。

どこからともなく聞こえてくる歌声に誘われて、かわいらしい動物たちのおめめがパチパチっと次から次に開いていく仕掛け絵本です☆

おはなしの内容がわかりやすいことと、目を開けるという簡単で子供の興味を引きやすい仕掛けのため、本を開いたとたんお友達の子も我が子も夢中で見入ってました!

最後のページのかわいらしい仕掛けが私は好きです。

2歳くらいの小さなお子さんに贈る初めての仕掛け絵本としてピッタリだと思います(^^)
参考になりました。 0人

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット