まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

さくらんぼちゃんさんの公開ページ

さくらんぼちゃんさんのプロフィール

ママ・30代・、男16歳 女7歳 女5歳

さくらんぼちゃんさんの声

21件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おしっこちびるう!  投稿日:2005/05/01
かさぶたくん
かさぶたくん 作・絵: 柳生 弦一郎
出版社: 福音館書店
年長の娘が幼稚園で借りてきた本が「かさぶたくん」との出合い。「おしっこちびるう」と言っては喜んでいる娘です。
何がそんなに笑えるのかな?と読んでみると「かさぶた」のお話で絵といい手書き風の文字がこどもにはとってもおもしろいようです。
こどもの目線で書いてるところ「かさぶたはきずのうんこ」とか「おかしのかりんとうみたい」なんて子供らしい発想ですよね。それをきちんとかわいらしい絵と文章でわかりやすく説明してあるところが気に入りました。
笑いながら体の不思議もしることができて素晴らしい♪
こんな本なら楽しく勉強できますね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 写真だからリアル!  投稿日:2005/05/01
よるのびょういん
よるのびょういん 作: 谷川 俊太郎
写真: 長野 重一

出版社: 福音館書店
絵本と違い全て白黒の写真っていうのもいいなぁと思いました。なぜって?リアルだからです!
実際に救急車に娘は乗ったことがあるし私自身、夜の病院では入院中お世話になったし。だからでしょうか?とてもみんなが忙しく動いてる様子が伝わってくるのです。
主人公の男の子が盲腸で苦しんで親はとっても心配。病院の先生は男の子の為に一生懸命です。文にすることによって温かみがあるんですね。
子供よりも親がジーンときちゃいますよ。
娘は「痛そう!」と心配な顔で話を聞いてました。怪我や病気をすると親は心配なのよ!と一緒に考えさせられる本でとってもよかったと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ピーマン食べたら元気になれるよ!  投稿日:2005/04/11
グリーンマントのピーマンマン
グリーンマントのピーマンマン 作: さくら ともこ
絵: 中村 景児

出版社: 岩崎書店
大嫌いだったピーマンを最近食べれるようになった娘。
私が「野菜を食べないと風邪をひくんだよ!」と言ってなんとか食べれるようになりこの本が大好きになりました。
はらいたバイキンやのどいたバイキンは誰だってきらいですよね。ピーマンマンの大活躍で悪いバイキンをやっつけてしまうのです。にがい訳がわかるかも!
そうです!野菜を食べないとバイキンに負けてしまうのです。
この本のおかげ?でなんでも野菜を食べてみようとがんばる娘なのであります。感謝!!ピーマンが主役なんておもしろい本だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいしそう!作りたいな〜  投稿日:2005/01/26
ばばばあちゃんのおもちつき
ばばばあちゃんのおもちつき 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
主人の実家が長野ということもあり、絵本に出てくる「こおりもち」「ごへいもち」を知っている娘は大喜び♪
この本では作り方も紹介されていて絵本なのにレシピ本のような感じで親子で楽しめました。
絵も本当に食べたくなっちゃうようなおいしそうな絵ばかりで一緒に料理をしたくなる年の子にとってはすごくオススメの本です。
ばばばあちゃんの話し方もとっても頼りになるおばあちゃんって感じであったかい気分になりました。
この本は寒い今の時期にピッタリです\(^o^)/
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 迷子の気持ちわかる〜  投稿日:2005/01/26
とうさんまいご
とうさんまいご 作: 五味 太郎
出版社: 偕成社
子供のときは誰でも?迷子になりそうになったりしたことがあるかと思います。その時には後ろ姿などで探したりしませんでしたか?
この本では楽しい仕掛け絵本になっていておとうさんを必死で探す所がおもしろくてよくできているな〜と思いました。
私のほうが関心してしまいました!!
最後におもちゃをだいたい決めておいたよという男の子がなんだかとっても笑える!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夢があって素敵  投稿日:2004/12/07
サンタクロースってほんとにいるの?
サンタクロースってほんとにいるの? 作: てるおか いつこ
絵: 杉浦 範茂

出版社: 福音館書店
クリスマスにプレゼントを置いていく姿は見た事がないしサンタさんなんていないよ!!って誰でも思った事があるはず。でも、この本の良さはお父さんとこどもの「なんで?」に対しての答えがとても夢のある話になっている事なんです。もし子供に同じような事を聞かれたら困ってしまうかもしれません。そんな時はぜひこのお話をおすすめします。
クリスマス前にぜひおすすめしま〜す!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ふゆごもりハウスは楽しいけど・・・  投稿日:2004/12/07
10ぴきのかえるのふゆごもり
10ぴきのかえるのふゆごもり 作: 間所 ひさこ
絵: 仲川 道子

出版社: PHP研究所
冬眠したくないかえる達。冬でも寝ないであそんでいたい!子供たちがかえるだったら同じことを言うかもしれないな〜っと思ってしまいました。そこでかえる達はふゆごもりハウスを作りました。滑り台やブランコやプールなど楽しい物ばかり。みんなで食事をしているとドアが開いていて雪がはいってきてしまいました。1匹のかえるがくぎを打ちに行くと体がかっちんかちんに凍ってしまいます。体をあたためベッドで休むかえるくん。みんなもらくちんだから休んだら?とすすめられそのまま春になるまで寝てしまう(冬眠)なんて、やっぱりかえるは冬眠しなくちゃね!
かえるたちがとてもかわいくてなんだか子供とにていうなぁ〜って感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい コントしてるみたい!  投稿日:2004/12/07
どろぼうがっこう
どろぼうがっこう 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
最初、絵を見たときは「おもしろいのかなぁ」とおもったのですが最高です!!
なんだかコントをしてるみたいで・・・。まぬけなどろぼうがっこうの生徒達がおかしくて。
夜の遠足で大きな建物に忍び込むのですが、やっぱり!って感じの展開で自ら牢屋に入ってしまいます。まぬけなのは先生もだったんですね。
どろぼうが出てくるお話だけど悪い事をする話ではなくてまぬけなどろぼうの話。そして悪い事をするとだめなんだよ。ということも教えられて楽しい本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だるまちゃんは幸せだね〜  投稿日:2004/10/21
だるまちゃんとてんぐちゃん
だるまちゃんとてんぐちゃん 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
子供ってなんでも友達が持っているものを欲しがったりしますよね。この本のだるまちゃんもそうなんです。
てんぐちゃんの持っていた「うちわ」を欲しがりお父さんが探すけれどなんか違う。そこで庭にあった「やつでの葉」を代用します。なるほど!似てる!
そんな感じにてんぐちゃんとおお父さんのやりとりが続くのがおもしろいんです。
お父さんが家中のものを探してだるまちゃんに見せた時に全ての絵がとてもよく書かれています。こどもと「どれがいい?」なんて楽しみながら読める本です。
絵を省略しないところがこの本はとてもいいですね。
似ているものを家の中の物で代用できるという発想って楽しいです。娘もてんぐちゃんのうちわの代わりの「やつでの葉」を見つけては喜んでいます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 思っていたより・・・  投稿日:2004/10/21
おばけのかんづめ
おばけのかんづめ 作・絵: なかや みわ
出版社: ブロンズ新社
「そらまめくん」を書いた人だ!!と思い買ってみたのですが・・・。なんだかいまいちでした。
くよくよと呼ばれている男の子は、おばけのぽぽと会ってから今までできなかったことができるようになります。なんで変われたのかなぁ〜と感じました。
おばけの修行の為に人を脅かそうと2人はイタズラをするのですがちょっと卑怯なやり方なんじゃないかな?
おかげでおばけの国に帰ったぽぽですが、自分で脅かさなかった為にまたかんづめに入れられます。
くよくよにとっては何だったんだろう?って感じの終わり方で、スッキリしないままのラストになっているような気がしました。
参考になりました。 0人

21件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット