新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

みぽさんの公開ページ

みぽさんのプロフィール

ママ・30代・北海道、女9歳 男7歳

みぽさんの声

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 友達ってすてき  投稿日:2002/04/22
にんじんケーキをめしあがれ
作: もきかずこ
出版社: (不明)
狼の家族は、おおかみ・・というだけで誰も遊んでくれず、友達もできません。そこで、いろんなお面をつけ狼ということを隠して引越しを重ねます。でも、狼ということがみんなにわかってしまい、みんな逃げてしまいます。でも、事情を知った森の仲間たちはある日、狼のお面をつけて狼のお家に行きます。そして、友達になるのです。仲間っていいな、友達っていいな・・と思わせてくれる本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 色がとっても鮮やかです  投稿日:2002/04/22
ぼくはぱっくん
ぼくはぱっくん 作・絵: かみや しん
出版社: 福音館書店
3歳くらいまでの小さい子向けの本です。ぱっくんはなんでも食べてしまいます。三輪車も、飛行機も!そして体の色や形がどんどん変化していきます。色がとっても鮮やかで、絵を見て単純に楽しめます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お母さんねずみの愛情を感じます  投稿日:2002/04/22
ねずみのでんしゃ
ねずみのでんしゃ 作: 山下 明生
絵: いわむら かずお

出版社: ひさかたチャイルド
7つごのねずみさんは、幼稚園に通い始めます。でも、こどもたちは、色々理由をつけて行きたがらないのです・・。そこで、お母さんはいい方法を考え子どもたちを幼稚園まで連れて行きます。そしてそれからは、毎朝大喜びで通うようになるのです。
これから、幼稚園や保育園に通い始めるお子さんに読んであげるとわくわく感がますかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あったか〜〜い絵本です  投稿日:2002/04/22
パパだいすき ママだいすき
パパだいすき ママだいすき 作: やすい すえこ
絵: いもと ようこ

出版社: 岩崎書店
パパとママがある日けんかをしてしまいます。パパとママは仲直りをしますが、それまでの間こどものミックは友達を交えてあれこれ悩みます。パパを思うミック、ママを思うミック、いもとようこさんの絵がとってもあったかく、家族の愛情というものをとても感じる本です。パパとママは、いつも仲良しでいなくちゃ・・と改めて思わせる本です。ぜひぜひ、お子さんと読んでみて下さい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんな先生がいるといいな  投稿日:2002/04/20
ぼくびょうきじゃないよ
ぼくびょうきじゃないよ 作: 角野 栄子
絵: 垂石 眞子

出版社: 福音館書店
風邪をひいてしまった男の子のもとに、白衣を着た大きなくまさんが道を間違えてきてしまいます。でも、このくまさんは、次々にいろいろなアドバイスをしてくれ、風邪がどんどん治っていきます。この本のなかにくま先生が教えてくれるうがいの仕方があって「ゴロゴロガラガラガラッパチ・・・」というフレーズがあるのですが、子どもたちはここのフレーズが大好きで風邪をひいたときなど、よく真似をしてうがいをしていました。絵も優しい感じで、とっても楽しく読めますよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わくわくの冒険  投稿日:2002/04/18
バムとケロのそらのたび
バムとケロのそらのたび 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
バムとケロのシリーズですが、おじいちゃんに頼まれて2人は飛行機を組み立て、おじいちゃんのうちまで向かいます。りんごの中を通ると虫がいっぱい、かぼちゃの山からはかぼちゃの噴火など次々に色んなことが起きながら旅を続けます。色んな景色が出てきて、またバムの表情がおもしろくてわくわく楽しめます。絵の細かい変化を見ていくとさらに楽しめます。
参考になりました。 0人

6件中 1 〜 6件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

「絵本 チコちゃんに叱られる」シリーズ チコちゃんの「エピソード:ゼロ」のおはなし

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット