新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ

ゆっきんぐさんの公開ページ

ゆっきんぐさんのプロフィール

ママ・40代・静岡県、男の子17歳 男の子15歳

自己紹介
絵本の楽しさは、幼稚園での読み聞かせボランティアを始めてから、ますます感じるようになりました。
長男が入学して、学校での読み聞かせにも、毎回苦戦しながら?参加しています。
この絵本ナビでも、素晴らしい絵本たちに出会えるのが楽しい毎日です。
そして、子供たちと楽しい時間を共有できるのが幸せです。
好きなもの
ものではないけど、松田聖子ちゃんが昔から大好き♪
息子たちが昔のナンバーを熱唱できるほど大好きです(笑)

ゆっきんぐさんの声

311件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 秋にピッタリですね  投稿日:2012/10/23
さつまのおいも
さつまのおいも 文: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
息子たちが読み聞かせで聴いて、とても好きな絵本です。

遅ればせながら私も読んでみました。

子供たち、大ウケ大笑い。

いも掘りが、子供たちとおいもたちとの綱引きだっていうところ
が、「なるほど!!!」とすごく気に入りました。
こういう発想って、素直にココロに入ってくる感じがして、きっと
子供たちがお芋掘りに行くときにウキウキするんじゃないかな〜と
気持ちが温かくなりました。

小学校低学年までは確実に?笑います。(笑)
ぜひ 秋にはお約束の1冊で読んで欲しいなと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あ〜〜!!!!  投稿日:2012/10/23
ざぼんじいさんのかきのき
ざぼんじいさんのかきのき 作: すとう あさえ
絵: 織茂 恭子

出版社: 岩崎書店
勢いで 自慢の柿の木を切ってしまった場面で
思わず私が「あ〜〜!!」と言ってしまいました。

ざぼんじいさん まあばあさん
名前もなんだか面白い二人です。
ざぼんじいさんの意地悪に、気付かないのか気付いているのか、
笑顔でオモシロアイディアに変えて楽しんじゃう まあばあさん。
だんだんエスカレートしていくざぼんじいさんに、内心ハラハラ
しながら大人の私は読み進めました。

今度新しい木に実がなったら、みんなで仲良く楽しく美味しく、
ざぼんじいさんの柿の木を楽しんで欲しいですね。

年長の息子のお気に入りの秋の絵本のようです。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う ストーリーがいいです  投稿日:2012/09/30
とんかちくんとのこぎりくん
とんかちくんとのこぎりくん 作: 中川 ひろたか
絵: 渡辺 有一

出版社: 学研
年長の次男は笑いながら聴き入っていました。

魚好きなので、魚が出てくる絵本はまず基本的に食いつくのですが
これはサメのなかでもちょっと変わったサメ。余計に興味が湧いた
ようでした。

海の嫌われ者同士(お互いも・・・)が、ひょんなことから竜宮城建築に駆り出され、そこで力を発揮!!

息子いわく 「ここに浦島太郎がくるのかねぇ?」なんて。

なんとなく、他の昔話にも想いを馳せられたようで、良かったかな?
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ひつじはどうなる?  投稿日:2012/09/27
しあわせなブタ
しあわせなブタ 作・絵: パトリク・ルーカス
訳: 若松 宣子

出版社: ほるぷ出版
イソップ物語のような、昔のお話かなぁ?と借りてみたら、
最近の出版なんですねぇ〜。

ブタが、「肉」にされるのが嫌で、自分の人生を切り開くような
お話でした。
歌姫になって、スターになるけど、結局はオオカミのお嫁さん。
幸せとは・・・なお話です。
最後に、ブタとオオカミが飼っている羊たち・・・この子たちも
どうにか人生を切り開くのかしら。
その先がすごく気になります。

小学4年生の読み語りに持参しようか迷いましたが、なんか
しっくりこなさそうだったので今回はやめてみました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お月さまが・・・  投稿日:2012/09/26
つきよ
つきよ 作・絵: 長 新太
出版社: 教育画劇
4年生の読み聞かせの余った時間に読んじゃいました。

ちょうど今週末は仲秋の名月。。。でもこの「つきよ」のお月さん
は、満月ではない(笑)
「月」つながりでご愛嬌と読ませていただきました!

4年生なので、もう1年生のようには大笑いしませんが、つい
「えぇ〜」とか「なんでだよ〜」とか呟いて吹き出しちゃうって
感じでした。

個人的には、たぬきの「おなかをキュー」が気にいってます。

さすが長さん、今回も長さんワールドに引き込まれちゃいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 心の中でうなずく?  投稿日:2012/09/26
しんとしずかな、ほん
しんとしずかな、ほん 作: デボラ・アンダーウッド
絵: レナータ・リウスカ
訳: 江國 香織

出版社: 光村教育図書
3年生・4年生の読み語りに持参しました。

朝から「しーん」はつまらないかな?と思ったら、
意外に 聴き入ってくれていました。
ところどころ、思い当たる「しずかさ」に、きっと心の中で
今うなずいてる!って伝わってきます。

いろんな「しずかさ」「しーん」があって、しんみりしたり
クスッとわらったり、じんわりしたり、ドキドキしたり、
聴き手はもしかしたら忙しかったかも!?(笑)
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 読み聞かせていませんがっ  投稿日:2012/08/31
絵本 地獄
絵本 地獄 監修: 宮 次男
構成: 白仁 成昭 中村 真男
装幀: 貝原 浩
レイアウト: 貝原 浩

出版社: 風濤社
ある日 ようやく購入したこの絵本。
リビングのテーブルに そっと置いておきました。
幼稚園から帰ってきた次男→絵本に気づき、ガン見・・・
こわごわ?一人で読み進めていました。

学校から帰った長男→絵本に気づき、裏表紙まで眺め、一人途中まで読んでパタリ。

最後まで読んだ次男に、「どうだった?なんて書いてあったっけ?」と聞いたら、「いのちをそまつにするなよ」と言いました。

もう、十分だな〜と思い、私からは読み聞かせしていません。

こどものココロにしっかりと、大きな文字がうつってくれていました。

ちなみに長男は・・・怖くて目をそむけてしまったようです(笑)

子供たちが何か思った時に、そっと開いて何か感じられれば、それでいいような気がしました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 生きていきましょう  投稿日:2012/08/31
絵本 極楽
絵本 極楽 文: 西川 隆範
監修: 桝田 英伸

出版社: 風濤社
「絵本 地獄」がセンセーショナルだった息子たちに
地獄ばかりじゃやってられないので、極楽も購入してみました。

地獄の迫力がすごかったせいか、こちらはとても静かな絵本に感じます。とても優しいです。
個人的に いろいろと辛いことがあったせいか、今回はちょっと泣けました。
「わたしが
 君をまもっているから
 なにがあってもだいじょうぶだ。
 どんなふうでもいいから
 どこまでも生きていくんだよ」という言葉。

どんなふうでも? これはすごい力のある優しい言葉でした。

私が極楽へ行けるのかはわかりませんが(笑)
とても励まされる言葉に出会えてよかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい よみやすいです  投稿日:2012/04/26
落語絵本2 まんじゅうこわい
落語絵本2 まんじゅうこわい 作・絵: 川端 誠
出版社: クレヨンハウス
落語・・・「間」がうまくとれて、リズミカルに、勢いと抑制がうまくとれて・・・なんて考えてると読み聞かせにはハードル高いなぁとおもいますが、これはとっても読みやすいです。

6年生に読み語るにはいつも苦戦しますが、これはみんなで笑って楽しめました。
男の子は、一度笑った口が開いたまま聞いていて、また笑って・・・

知っている子が多くて、オチがみえてだめかな?と思いましたが、可笑しいお話は何度聞いても可笑しいものですね。
このシリーズ、他のものも読んでみたいな。

ちなみに小2と年長の息子にも、とても楽しめるお話でした。
最後の「うまいお茶がこわい」で、一瞬沈黙、そして「あぁ〜〜」と大笑いデシタ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 水中の世界へGO!  投稿日:2012/04/26
あまがえるりょこうしゃ トンボいけたんけん
あまがえるりょこうしゃ トンボいけたんけん 作・絵: 松岡 達英
出版社: 福音館書店
年長の息子は、幼稚園でもお気に入りの絵本だそうで、借りてきたそうそうに、ヘビロテな1冊です。

アマガエルが案内人になり、水中の世界を見て回るツアー、しかも乗り物は、人間が捨てて行ったペットボトルを改造した船!!
お客さんは、テントウムシ・カタツムリ・ダンゴ虫。
絵が、優しいながらも時折とてもリアルに迫力があったり。

いつも、お散歩しながら何気なく眺める川のなかが、こんなに賑やかで生命力に溢れる世界だなんて、想像しただけでとても感動です。
なかなかつかまえられない虫なども載っています。
虫好き、虫に興味が出ているお子さんなら、目を輝かせてくれるんじゃないかな??
参考になりました。 0人

311件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

「はじめての」シリーズ累計発行100万部突破記念 てづかあけみさんインタビュー

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか

全ページためしよみ
年齢別絵本セット