新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

グリーンママ

ママ・50代・佐賀県

  • Line

グリーンママさんの声

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う インパクトありすぎ  投稿日:2017/01/13
はなくそ
はなくそ 作: アラン・メッツ
訳: ふしみ みさを

出版社: ロクリン社
まず、タイトルからして読むことに抵抗のある方が多いのではないでしょうか。いきなり「はなくそ」ですもの。読み聞かせで大勢の前でとなるとなおさら、、、なので、読み聞かせで使う前にうちの子で試しました(当時小学3年生男子です)子どもはタイトルを聞いただけで笑い出しました。「ほんとに保育園で読むの?」とも言いました。読み始めると、よごれているとかハエがブンブンだとか、のっけから言葉のパンチ。それに絵のなかの豚もそうとう汚れが描きこんであります。でも、これは恋のはなし。ピンチを乗り切って助けようとする気持ちがよくわかるなぁ〜好きな子のためならえんやこらです。もう最後はおならだってしますがハッピーエンドの話にめでたしめでたし。男はロマンチスト女はリアリストなんでしょうね。保育園でも読みましたがページをめくるたびに笑ってくれました。ひとまず成功の絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いくつもの絵本ガイドのなかから  投稿日:2012/02/08
幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選
幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選 編: 金柿 秀幸
出版社: SBクリエイティブ
あれは10年前、娘が小学校1年生の時、担任の先生からの「おたより」に
読み聞かせをしていただける方募集中!のコメントを見つけた私は
読み聞かせとなると、どんな絵本があるのかな?いい絵本って?
と色々な疑問が湧き出てきて片っ端から絵本に関することが書かれた本を濫読しはじめた。

そんな中でもこの「幸せの絵本」はまずタイトルに、やられた・・・と思った。

それまで読んだ解説本には「幸せ」なんて言葉はなかったし
「絵本」とだけうたっているものがほとんどだったから。
中身も最初のページから数ページはカラーで解説してあるけれど
途中からモノクロになって絵本の絵を見る醍醐味が無くなってしまう。
そして絵本の解説はあるものの、肝心の実際に読んでみてどうなのか。
ということが載っている本は少ない。その本の著者の感想はあるけれど、、、

だけど知りたいのはみんなの声。
そこでこのガイド。

本の内容と作者名、出版社、発行年月日、価格と作者紹介はもちろんのこと
それぞれの絵本に対するみんなの感想がわかる。
定番の絵本から最近の絵本まで。
全ページがカラーなので、読んでみたい!または購入しよう!と思わせる。
うまいなぁ〜。
でも欲を言えば、本のサイズの記載があればなお嬉しい。

何を読もうかと行き詰った時、
「幸せの絵本」を開くと、必ず、これだ!!という本にめぐり会える。
本の帯にある「こんな絵本ガイドがほしかった!」とは私が思っていたことなのだ。
だから私にとって手放せない絵本ガイドになっている。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どんなかんじかなぁ〜 犬嫌い  投稿日:2011/04/18
バムとケロのもりのこや
バムとケロのもりのこや 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
このシリーズを好きだ!というほどではない息子。
バム・ケロかわいい!!という私(母)。

実は、犬が好きではない私は、このシリーズの絵本を敬遠していました。でも、表情のかわいさに読んでみたくなって・・・
久しぶりのバム・ケロに会えるとあって、わくわくしながら手に取りました。

読み終えると、こんな犬ならいいかも・・・って一瞬、犬嫌いがおさまりかけました(^^)

こんなふうな母なので、当然、息子も「犬は嫌い。」と公言。
でもこれではいけないと思い(なんにでも興味をもってほしいですよね)
バム・ケロで犬のかわいさを猛アピール!!

ひとこと、「顔がおもしろい」って。

・・・いやいやそこかよ!と思わずつっこみながら、まぁなんとか犬のかわいらしさをわかってくれたような・・・
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 夢中 なつかしい〜なつかしい〜  投稿日:2011/04/18
ぼくと おおはしくん
ぼくと おおはしくん 作・絵: くせ さなえ
出版社: 講談社
私は、40代・女子ですが、「きち」「ざりがに」って言葉が響きました。

私のふるさとは海・山・川・沼・畑に田んぼと「いなか」?のオンパレード。小さい頃は、近所の男の子と「きち」作りに夢中になりました。

絵本の中では草にダンボールだけど、あの頃はダンボールなんて使えなくて、木の枝や、どこに落ちていたのか?板など集めて秘密のきちを作りました。もちろん、男の子に言われるがまま、あちこちからの材料調達です。

のどかで、ゆっくりと時間が流れていました。

息子にもこんな時間をつくってあげたい。そう思わせる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほそながーい足  投稿日:2011/04/13
たまごのおうさま
たまごのおうさま 作・絵: かとう まふみ
出版社: ビリケン出版
保育園で読み聞かせをしたときのことです。
表紙を見たこどもの第一声が「足がほそながーい!!」
ほんとにほそい足なんですよね。
たまごじゃなく、足に注目するなんて!
こどもの視点はおもしろいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ミシン カタカタ♪  投稿日:2011/04/13
わたしのワンピース
わたしのワンピース 作: 西巻 茅子
出版社: こぐま社
春だもの。
やさしい本を読みたかったのでこれ。
やっぱり、ワンピースの柄が変わるたびに
「これかわいい!」「いやだー」って子どもたちの声。
保育園・5歳児に読み聞かせをしました。
男の子は流れ星が気に入った様子。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ママにもお願い!  投稿日:2011/04/13
パパ、お月さまとって!
パパ、お月さまとって! 作: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
パパにお願いするんだね。
でも、ママだって娘のお願いならなんでもきいちゃう!かも。。。
お月さまは無理かな〜〜
なんて、考えながらおはなしした記憶が、、、
パパってすごいんだね〜って何度も言ってた娘。
ほんと、パパってすごいよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回は保育園・5歳児クラスで読みました。
男の子は、長いはしごに夢中。
女の子は、表紙裏のおほしさまのどれがいいか?と相談をはじめ・・・
おはなしだけでなく楽しませてくれるエリック・カール。
参考になりました。 3人

7件中 1 〜 7件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット